~Moonstakeウォレットにてステーキングできるコインを紹介するコーナー~

今回は、Ethereum上に構築されたOrbs NetworkとそのネイティブERC20トークンであるORBSについてご紹介します。

 

ORBSとOrbs Networkの簡単な紹介

Orbsはオープンソースのパブリック・ブロックチェーン・インフラストラクチャで、多数のアプリケーションが利用される想定で設計されており、パフォーマンスやコスト、セキュリティや使いやすさなど様々な側面から充実したソリューションを開発者に向けて提供しています。

 

Orbsプロトコルは分散化されており、Proof-of-Stake (PoS)コンセンサスを用いて、パーミッションレスなバリデーターのパブリックネットワークによって実行されます。Orbsネットワークは、企業がブロックチェーン技術から得る信頼を競争戦略として活用できるように設計されており、予測可能な低料金と、大規模な消費者アプリケーションの要求を満たす高いスケーラビリティを提供しています。「ORBS」は、スマートコントラクト、取引手数料、コンセンサスベースのストレージなど、Orbsブロックチェーン上のすべてのアクティビティを活性化するネイティブトークンです。

 

2019年3月末、OrbsネットワークとそのネイティブトークンであるORBSが立ち上げられ、一般に公開されました。わずか4ヶ月という短い期間で、このネットワークは最初の報酬配布を行い、1,800万個のORBSが1,448の参加アドレスに配布され、同年10月までには最初のDAppがネットワーク上で開始されました。今日、Orbsはブロックチェーン業界でも最も非常に注目されているブロックチェーンプロジェクトの1つであり、その強固なスケーラビリティ、セキュリティ、および低料金で注目されています。同社は、IBMやKakaoをはじめ、Binance、Consensys、Celsiusなど、伝統的な技術分野と分散型技術分野の両方の業界リーダーとそれぞれ提携し、ブロックチェーン、DeFi、DAppsの開発のビジネス導入を加速させています。

 

Orbsネットワークの技術的成果とMoonstakeがORBSをサポートする理由

Moonstakeでは、暗号資産マーケットで最も需要のあるコインのサポートに努めています。ここでは、Orbs Networkのこれまでの主な実績をご紹介します。

 

・正式なローンチに先立つ2018年5月、OrbsはOrbsプラットフォームの開発とローンチのための資金として、1億1800万ドル以上の調達に成功したことを発表しました。

・現在、約8億ドルのOrbsがネットワークガーディアンにステーキングされています。

・Orbsは現在、最も活発に開発されているプロジェクトの一つであり、公式GitHubには数多くのリポジトリがあり、市場でICOを行った平均的な暗号プロジェクトよりも多くのリポジトリがあります。

・Orbsはハイブリッドブロックチェーンで、その主なインフラはアプリケーションの実行に使用され、一方で投票機能はEthereumに委ねられており、高い取引手数料と引き換えにセキュリティと客観性を実現しています。しかし、V2.5のアップデートにより、Orbsは、ネットワーク全体のバリデーター(ガーディアン)のガスコストやその他の運用コストを削減することに成功し、同時に、ステーカー(デレゲーター)が、いつ、どのくらいの頻度でステイク報酬を請求できるかを選択できるようになりました。

2021年初頭、Orbsネットワークは大きな人気を集め始めました。ORBSトークンは現在、CryptoCrunchAppによるトレンド暗号コインのトップ10で5位にランクインしています。

これにより、ORBSはMoonstakeで利用可能なPoSコインのラインナップに素晴らしく、戦略的な追加となり、Moonstakeは2021年3月からORBSのステーキングをサポートしています。

 

ORBSのステーキングはどのように行われますか?

他のPoSコインと同様に、アイドル状態のORBS資産をステークして、パッシブインカムを得ることができます。Orbsを使ったステークは、ネットワークの検証者(ガーディアン)を選ぶDelegatorになることで、ネットワークの運営(ブロックの検証)に参加することです。

 

DelegatorはORBSトークンの保有者であり、ガーディアンに議決権(ステーキング)を与えることで、ガーディアンがセキュリティを維持し、エコシステムの長期的なビジョンを支持する力を与えます。一方、ガーディアンはOrbsのPoSモデルにおいて中心的な役割を担っています。ガーディアンはOrbsユニバースの主要な参加者であり、ネットワークのセキュリティを強化し、Orbsの長期的なビジョンに賛同し、このビジョンを実現するために積極的に活動することが期待されています。ガーディアンの中心的な役割は、バリデーターを審査し、その運用を監視し、プロトコルに正しく従ったバリデーターを承認することで、ネットワークの適切な運用とセキュリティを確保することである。

 

Orbs Networkでのステークには最低額の設定はなく、好きなだけステークすることができます。ORBSはERC20トークンであるため、取引(ステーキングやアンステーク)を行う際には必ずガス料金を支払うためのETHが必要となります。

 

ORBSステーキングの報酬を取得する方法:

トークン所有者は、アクティブなガーディアンに対してトークンを委任し、ステークした額に比例して報酬が与えられます。年間報酬は、委任者がステークしたトークン総額の最大8%です(報酬の合計に8000万ORBSトークンの上限が適用されます)。

*ORBSトークン所有者は委任者(デリゲーター)の役割として、投票の重み(ステーク)をガーディアンに割り当て、セキュリティを維持し、エコシステムの長期ビジョンを実現・維持する権限を与えることになります。

 

ORBSステーキング解除の仕組み:

トークン所有者が現在ステークされている資産を送信したい場合は、最初にそれをステーク解除する必要があります。トークンのステークを解除した後、トークンが移動可能になるまでに14日かかるため、トークンをすぐに送信することはできません。トークンを送信できない期間を「ロック期間」と呼びます。

 

ここでは、Moonstake WalletでORBSをステークするための簡単なステップをご紹介します。

 

MoonstakeWalletにORBSをステーキングする方法

簡単な3ステップでMoonstakeWalletでORBSをステーキングできます。

  1. Moonstake Webウォレットを登録します(https://wallet.moonstake.io) 

2.ウォレット画面からORBSを選択し、「StakeNow」ボタンをクリックします。

3:ステーキング情報を確認し、「ステーキング」ボタンをクリックしてウォレットのパスワードを入力します。

 

参考資料

https://www.coinbureau.com/review/orbs-coin/

https://www.orbs.com/blog/

 

Moonstakeについて

Moonstakeは世界各地域のブロックチェーン市場で高まる需要に答えるステーキングプールプロトコルを開発することを目的に、近年設立されました。Moonstakeはステーキングプールの技術プロトコルを開発し、パートナーや企業にビジネスサービスを提供しています。

 

Moonstakeは暗号資産保有者にアクティブに活動しやすい環境を提供することで、アジア最大のステーキングプールネットワークになることを目指しています。主要なプラットフォーム提供者と良好な関係を構築し、Emurgo、Ontology、NEOといったコアブロックチェーンに加え、日本最大のブロックチェーンハブであるBinarystar、シンガポール上場企業のOIO Holdings Limited(SGX: OIO)があります。また、LiskやRAMP DEFIのLawrence Limといった業界で著名なアドバイザーによって、Moonstakeの革新的な活動は支援されています。

 

2020年8月に開始された本格的なオペレーションにより、事業を拡大し、現在のステーキング資産総額は10億米ドルを超えています。

 

https://www.moonstake.io/