本記事は、Moonstakeのステーキングコインの一つを探る入門講座となります。今回は、アバランチとそのネイティブコインAVAXを見ていきます。AVAXは、わずか数年前の創業以来、急速に成長し、市場で最も人気のある暗号資産としてリストアップされています。

アバランチの特徴とは?

Avalancheは、2020年9月にローンチされ、dAppsとカスタムブロックチェーンネットワークのプラットフォームとして機能するLayer-1ブロックチェーンです。Ethereumのライバルとして、Avalancheはスケーラビリティやセキュリティへの課題に妥協することなく、4,500TPS(1秒あたりの取引量)という素晴らしい出力を持つことで、スマートコントラクトに最適なブロックチェーンとしてEthereumを追い落とすことを目指しています。

最も注目すべきは、EVM(Ethereum Virtual Machine)と互換性のあるAvalancheネットワークが、3つの個別のブロックチェーンからなるユニークなアーキテクチャを誇っている点です。他のブロックチェーンのように1つのチェーンが全てのトランザクション処理を行うのではなく、3つのチェーンがそれぞれ独自の役割を果たし、連携してAvalancheネットワークを運営しています。

具体的には

X-Chain(取引所チェーン)

トランザクションを処理する目的で利用されます。取引手数料は0.001AVAXと固定されており、DAG(Directed Acyclic Graph)技術を利用して速度を最適化する。

P-Chain (プラットフォームチェーン)

ステーキングとバリデーター活動を行う目的で利用されます。

C-Chain (コントラクトチェーン)

スマートコントラクト、DApps、DeFiを扱う目的で利用されます。

ユーザーはこれら3つのチェーン間でAVAXを交換することができ、それらは特別なサブネットであるプライマリーネットワークによって保護・検証されます。

Avalanche上では、ユーザーは広範なAvalancheエコシステムとシームレスに相互運用可能な独自のカスタムブロックチェーンネットワークを構築することができます。カスタムサブネットは、2,000 AVAXをステーキングすることでプライマリーネットワークのメンバーになることができます。

Avalancheのコンセンサス・アルゴリズムについては、Proof-of-Stake (PoS) を基盤として使用する Snow と呼ばれる独自のプロトコルを運用しています。Snowコンセンサスプロトコルは、取引速度、ネットワーク容量、分散化、エネルギー効率、セキュリティのバランスを取ることを目的としています。またAvalancheチームは、そのネットワークが「あらゆるブロックチェーンプラットフォームの中で最も軽いハードウェアとなること」を目標としており、スラッシュ(ステーキングした資産の没収)を実装していないため、バリデータにとって非常に優しいPoSチェーンになっていると主張しています。

Avalancheはどのように人気になったのか?

Avalancheは、DeFiで最も人気のあるブロックチェーンの1つとして注目を集めています。 レンディングプロトコルである「AAVE」、DEXである「SushiSwap」、初の規制対象安定コインである「TrueUSD」など、市場をリードするDeFiプラットフォームのベースとして利用されています。

Avalancheは、堅牢な設計とDeFiエコシステムのおかげで、DApp開発者にとって最も人気のあるブロックチェーンの1つになっており、2020年AvalancheはICOにおいて、わずか24時間で4200万米ドルの資金調達を達成しました。

Avalancheの技術的マイルストーンとMoonstakeがAVAXをサポートする理由について

Moonstakeでは、市場で最も需要の高いコインをサポートするように取り組んでいます。これまでのAvalancheの主要なマイルストーンは以下の通りです。

2020年 – 2021年

メインネットローンチから半年で、ネットワークバリデーションを800個達成しました。

2021年

TVLが大幅に増加し、2021年5月の市場暴落前に4億米ドルのピークを迎えました。

2021年第1四半期

ユーザーは最初の24時間以内の8.2Mドルを含む1億ドル以上の資産をイーサリアムからアバランチに移動させました。

2022年11月下旬

Avalancheネットワークは合計4億5000万トランザクションを処理し、1年前と比べて1507%増加しました。

現在

200以上のDAppプロジェクトがAvalanche上で利用可能であり、Avalanche周辺の堅牢なブリッジングエコシステムのおかげで、多くのプロジェクトがクロスチェーン化されています。

また、Avalancheは、会計事務所「Deloitte」や上場保険会社「Lemonade」などの大手グローバル企業との制度的パートナーシップを確保し、企業向けのブロックチェーンと暗号の実用的な使用事例を実証しています。アバランチは現在、1,300以上のバリデーターを抱え、非常に活発なネットワークを確保しています。

AVAXは需要の高いコインであり、アバランチネットワークは活発で継続的な成長と発展を遂げている尊敬すべきブロックチェーンプロジェクトであることがわかります。このことから、AVAXはMoonstakeがサポートするPoSコインのラインナップに戦略的に追加された素晴らしいコインであり、私たちはAVAXステーキングをすぐにお客様にお届けできるよう努力しています。

AVAXのステーキングの仕組み

ステーキングを開始するには、AVAXをP-Chain上に転送する必要があります。Pアドレス(P-chainのアドレス)に資産を保有すると、その資産は非流動的な状態になります。あなたの資産をXアドレスに自由に移動させることはできませんし、他のPアドレスに移すこともできません。あるPアドレスから別のPアドレスに資産を移動するには、Xアドレスに送り返して、別のPアドレスに送る必要があります。

ユーザーは、ウォレットに委任/ステーキングするために25AVAXを持っている必要があり、検証のために資金をステーキングできる最小期間は、ロックアップ期間の2週間となります。バリデータが設定する委任手数料は、バリデータに支払われる報酬の一部である。委任手数料の最低額は2%である。しかし、アバランチにはスタッシュはなく、ステーキングされたトークンは、バリデータのパフォーマンス低下による損失のリスクは決してありません。

バリデータがプライマリネットワークの検証を終了すると、ステーキングされたAVAXトークンが返還されます。またバリデータは、ネットワークの安全確保に貢献したノードに対して、ステーキング報酬を与えるかどうかについても投票する。

バリデータは、バリデータの過半数によって測定されるように、検証期間の80%以上でオンラインかつ応答した場合にのみ、ステーキング報酬を受取ることができます。ノードがバリデータセットから離れるとき、バリデータは、離れたノードがステーキング報酬を受け取るべきかどうか投票します。

AVAXステーキングの報酬の受け取り方とステーキング解除の仕組み

ステーキングで得たAVAX報酬はプロトコルレベルで処理され、報酬が獲得されると自動的にあなたに転送されます。AVAXトークンは最低2週間、最高1年間ステーキングする必要があり、ステーキング報酬(ステーキングしたトークンも)はステーキング期間終了後にユーザーが受け取ることになります。

参考文献

https://www.avax.network/ 

https://core.app/ecosystem/projects 

https://el33th4x0r.medium.com/state-of-avalanche-q1-2021-2565921a36d8 

https://coinmarketcap.com/currencies/avalanche/

Moonstakeについて

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

Moonstakeは2020年4月の創業以来、Cardanoの構成銘柄であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5000万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど27社の大手プラットフォームプロバイダーと提携しています。2021年5月、Moonstakeは、シンガポール証券取引所に上場するOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めました。

Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。

https://www.moonstake.io/       

Moonstakeのステーキングビジネスについて

2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対し、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデーションノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、18のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、全世界のユーザー基盤を持ち、同年6月には全世界の1万社以上のプロバイダーの中で3位にランクインしています。

Avalancheについて

Avalancheは、time-to-finalityで測定されるブロックチェーン業界で最速のスマートコントラクトプラットフォームであり、あらゆるプルーフオブステークプロトコルの中で最も多くのバリデータを確保し、その活動を保証しています。Avalancheは、非常に高速で、低コスト、かつ環境に優しいプロトコルとなり、スマートコントラクトに対応したあらゆるアプリケーションは、Avalanche上で競合他社を凌駕することができます。

https://avax.network

本日Moonstakeは、DAOが運営するSSVネットワークからETHステーキングプール導入を目的とする助成金を受領したことを発表します。

Moonstakeは、Ethereumの分散化を強化し、Moonstakeのバリデータインフラストラクチャを可能な限り高セキュアなものにするためにSSVの有能なアーキテクチャを統合する予定となります。これにより、グローバルユーザーにとってシームレスな分散型ETHステーキングが可能になり、MoonstakeとSSVはこのコラボレーションを通じて両社のエコシステムの拡大を促進するために今後もさまざまな協業をしていく予定となります。

 

ssv.network 助成金プログラムは、ネットワークの上の開発者による開発とイノベーションを促進・加速させることを目的とし、分散型ステーキングアプリケーションとサービスを構築する開発チームに資金提供するコミュニティ主導のイニシアチブとなります。この助成金への提案は、プロジェクトの技術的なデザイン、チームとそのコミュニティの全体的な品質などで評価されます。Moonstakeは、世界から認証されたトップ10のステーキングプロバイダーとしてSSVネットワーク助成金プログラムに参加し、まもなくETHステーキングをサポートする予定です。

 

2022年9月15日現在、Ethereumは正式にProof of Stake(PoS)ブロックチェーンとなり、ETHステーキングの需要はかつてないほど高まっています。現在、ETH保有者がステーキングを行うには、32ETHを保有し、独自のバリデータ・インフラを構築する必要がありますが、これには高度な技術的専門知識が必要であり、コストのかかるインフラを維持する必要もあります。また技術力のないユーザーは、カストディアン型のステーキングプロバイダーサービスや中央集権型取引所でETHをステーキングすることも可能です。MoonstakeとSSVは、SSVの革新的な技術インフラを利用して、Moonstake ウォレットを通じてユーザーに非カストディアンのETHステーキングソリューションを提供することにより、この問題に対処することを目的としています。Moonstakeは、世界中のユーザーに高水準のステーキング体験を提供するというミッションを掲げております。EthereumマージとPoS ETHに対する我々のミッションの達成に向けて、大きな一歩を踏み出せることを心より嬉しく思います。

Moonstakeの創設者である手塚満氏のコメント

 

“Moonstakeは、SSVネットワークからこの助成金を受け、ETHステーキング導入を目的とした提携ができたことを心より嬉しく思っています。ETHのステーキングに対する需要はかつてないほど高いと感じていますが、ユーザーは現時点ではカストディアル・ソリューションに頼るしかなく、暗号資産の分散から遠ざかり、多くのセキュリティ・リスクにつながる可能性があります。世界でトップ10のステーキングプロバイダーとして認証されている私たちは、SSVの高セキュアな技術を使用してシームレスなETHステーキング体験を提供することで、世界中の暗号資産ユーザーにさらなる価値をもたらすことができるようになることを望んでいます。我々は、MoonstakeとSSV、およびEthereumステーキングエコシステムを一緒に成長させ、この素晴らしいパートナーシップを通じてステーキング業界全体を促進することを楽しみにしています。”

 

Moonstakeは、2020年にアジア最大のステーキングネットワークを作ることを目的にステーキング事業を開始しました。以来、2,000以上の暗号通貨に対応し、最も使いやすいWeb WalletとMobile Wallet(iOS / Android)を開発してきました。2020年8月に本格的な運用を開始した後、Moonstakeのステーキング資産総額は10億ドルに達するまで急速に成長し、Moonstakeは世界的にトップ10ステーキングプロバイダーの1つになることを可能にしました。現在、MoonstakeはCosmos、IRISnet、Ontology、Harmony、Tezos、Cardano、Qtum、Polkadot、Quras、Centrality、Orbs(EthereumとPolygon)、IOST、TRON、Shiden、FIO、Everscale、Oasisなど17の主要Posアセットをサポートしています。Proof of Stake ETHは、技術的な統合が完了した時点で、Moonstakeがサポートする18番目のステーキングコインとなる予定です。

 

SSVは、完全に分散化されたオープンなEthereumのステーキングインフラストラクチャです。個人ユーザーからステーキングプールや大規模な機関投資家向けステーキングサービスまで、Ethereumのバリデーターを運営したいすべての人にオープンなアーキテクチャを提供するものです。SSVネットワークは、秘密鍵の保管と管理、有効性と冗長性、単一障害点、セキュリティと暗号化、分散化とネットワークガバナンスなど、イーサリアムのステーキングで直面する主な懸念に対処することを目的としています。

 

Moonstakeの最新情報は、TwitterとTelegramでフォローしてください。

 

Moonstakeについて

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

 

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoの構成銘柄であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5千万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど、27社の有力プラットフォームプロバイダーと提携しています。2021年5月、Moonstakeは、シンガポール証券取引所に上場するOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めました。

 

Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。

 

https://www.moonstake.io/     

 

Moonstakeのステーキングビジネスについて

 

2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対して、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデータノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、17のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、全世界のユーザー基盤を持ち、同年6月には全世界の1万以上のプロバイダーの中で3位にランクインしています。

 

SSVネットワークについて

Secret Shared Validators(SSV)は、オペレーターが運営するノード間でEthereumのバリデータキーを分割する初の安全かつ高セキュアな仕組みを提供します。各ノードはバリデータの任務を遂行するためにお互いを信頼や、パフォーマンスに影響を与えることなく一定数をオフラインにすることができます。その結果、Ethereumのための信頼性の高い分散型で安全なステーキングソリューションが実現可能となりました。

 

SSVネットワークは、SSVプロトコルを実行する分散型ステーキングインフラであり、イーサリアムのバリデータの分散運用を可能にします。また、開発者が新しいステーキングアプリを構築し、迅速かつ容易に展開するために使用できる再現性のあるスケーラブルなETHステーキングインフラストラクチャとなります。

 

https://ssv.network/

本記事は、Moonstakeのステーキングコインの一つを探る入門講座となります。今回は、SolanaとそのネイティブコインSOLに注目します。SOLは、わずか数年前の創業以来急速に成長し、現在では暗号資産市場で最も人気のある暗号資産の一つになっており、多くの暗号資産の専門家が「イーサリアム・キラー」の一つと呼んでいます。

Solanaの特徴とは?

Solanaは、2020年にリリースされ、スケーラビリティ、スピード、コスト最小化、エネルギー効率に重点を置いたレイヤー1ブロックチェーンとなります。Solanaの革新的な点は、ネットワークが拡大しても異なるエコシステム間において、単一のグローバルな環境を維持することで、レイヤー2システムやシャードチェーンに依存する必要性を排除している点となります。

最も注目すべきは、Solanaがユーザーと開発者の両方に高速かつ低コストの体験を提供することに尽力していることです。0.01米ドル以下の取引手数料と0.001秒の取引処理時間で利用できることを保証しています。

イーサリアムのユーザーの間では、Proof of Stake(PoS)に移行した後も取引コストとスピードが懸念されています。そのため、イーサリアムのライバルたちはこれらの問題の解決に注力しており、Solanaは世界第2位のブロックチェーンに代わる最も競争力のある選択肢の1つとして際立つブロックチェーンとなっています。

Solanaは、タイムスタンプに基づく独自のPoH(Proof of History)アルゴリズムと高速同期システムを組み合わせた革新的なPoSのハイブリッド・モデルを実装しています。これにより、トランザクションの検証をより高速に行い、Solanaネットワークの負荷を軽減し、その帯域幅を拡大する、つまりスケーラビリティを実現しています。

Solanaはどのように普及したのか?

Solanaは2021年秋にNFTの販売ブームとその有用性が広く認知され、特に他の人気ブロックチェーンとの相互運用性を高めたWormhole 2.0アップデートが開始されたことをきっかけに急激にトークンの価値が上昇しました。また、本プロジェクトは、NFTのマーケットプレイスだけでなく、さまざまなDeFiプラットフォームもサポートしています。

現在では、スピード、コスト、キャパシティにおいて高い効率性と魅力的なステーキングエコシステムを持つネットワークになったおかげで、SolanaはDApp開発者とステーキングユーザーにとって最も人気のあるブロックチェーンの1つとなっています。時価総額トップ10の暗号資産としてもランキングに名を連ねています。

MoonstakeがSOLをサポートする理由とSolanaの技術的マイルストーン

Moonstakeでは、暗号資産市場で最も需要の高いコインをサポートするために取り組んでおり、SOLをサポートする理由も同様の理由となります。

これまでのSolanaの主要なマイルストーンを紹介します。

2018年 – 2019年

Solanaは2017年の暗号資産バブル後の比較的弱気な市場状況にもかかわらず、投資家にSOLトークンセールで2000万円以上を調達しました。

2021年

NFTブームの際、Solanaは10,000匹の猿を集めた人気のDegenerate Ape Academy NFTの拠点となり、10分足らずで完売しました。

2021年8月

ネットワークが開始からおよそ1年で、400以上のプロジェクトがSolana上に構築されています。多くのDeFiプロジェクトがSolana上に構築し、その強力で費用対効果の高いインフラを活用しています。

2021年9月

SolanaはERC-20とSPLブロックチェーン間のデジタル資産の転送を可能にするWormhole 2.0プロトコルを発表しました。これは、Solanaの台頭の主な要因の1つと考えられています。

現在、Solanaは3,400人以上のバリデーターを抱え、ネットワークの安全性と分散化に貢献しており、PolygonやPolkadotといった新興Ethereumと競い合っている状況です。

SOLは需要の高いコインであり、Solanaネットワークは、クリエイターと活発な開発者コミュニティの両方から一定のサポートがある尊敬されるブロックチェーン・プロジェクトであることがわかります。このため、SOLはMoonstakeがサポートするPoSコインの一つとして戦略的に追加され、当社はSOLステーキングをすぐにお客様にお届けできるよう懸命に取り組んでいます。

SOLステーキングの仕組み

Solanaでは、ステーキングアカウント内のトークンは、バリデーターに委任する必要があります。1つのステーキングアカウントは、常に1人のバリデーターにしか委任できないため、異なるバリデーターに委任したい場合は、トークンを複数のステーキングアカウントに分割する必要があります。

SOLトークンをステーキングするためのポイント

・ステーキングをサポートするウォレットを使用する必要があります。

・ウォレットにあるSOLトークンをステーキングアカウントに移動する必要があります。

・ステーキングアカウントはいくつでも作成でき、各ステーキングアカウントに好きなだけ、または少量の SOL を入金できます。

・新しいステーキングアカウントにはそれぞれ固有のアドレスがあり、1つのウォレットで多くの異なるステーキングアカウントを管理することができます。

SOLステーキングの報酬を得る方法

SOLステーキングの報酬は、通常ネットワークの活動状況によって変動しますが、過去の実績から約6%のAPYを獲得できる見込みです。ステーキング報酬は、約2日間のエポックごとに計算され発行されます。しかし、報酬を得るためには、まず2エポック(約4日間)待つ必要があります。

例えば、あるエポックで発生した報酬は、次のエポックの最初のブロックにいるすべてのバリデータとデリゲータに発行されます。報酬は1エポックに1回発行され、それを獲得したステーキングアカウントに入金されます。

ステーキング報酬は、アクティブなステーキングとして自動的に再委託されます。あるエポックにおいて、バリデータまたはそのステーキングへの報酬が1ランポートに満たない場合、報酬の発行は、両方が少なくとも1ランポートを受け取ることになる次のエポックまで延期される。※ランポートとは、0.000000001 SOLの価値を持つ端数のネイティブトークンです。

SOL ステーキング解除の仕組み

SOLは、委任されていない場合にのみ、ステーキングアカウントから引き出すことができます。ステーキングアカウントが最初に委任解除されたとき、それは「非アクティブ」または「クールダウン」とみなされます。トークンの一部またはすべてが非活性化し、ステーキング報酬を得るための期間が終了するまで、アカウントからトークンを引き出すことはできません。

ステーキングアカウント内のトークンが非アクティブになると、お客様のメインウォレットアドレスまたは別のアドレスに直ちに引き戻すことができます。

また、ロックアップがかかっているステーキングアカウント内のトークンは、そのアカウントの委任状態にかかわらず、ロックアップが切れるまで引き出すことができません。ロックアップが切れると、委任されていないトークンはすぐに引き出すことができます。

アカウント所有者が特にロックを解除するために必要なアクションはありません。

参考 

https://solana.com/ 

https://docs.solana.com/ 

https://solana.com/news/validator-health-report-august-2022 

Moonstakeは、戦略的パートナーRockXと協働し、SOLステーキングをMoonstakeウォレット

へ統合したことを発表いたします。この発表を通じて、Moonstakeウォレットで、RockXのステーキングシステムを活用し、ユーザーがSOLのステーキングからステーキング報酬を得ることができるようになり、Solanaステーキングエコシステムへのアクセスが可能になりました。

 

MoonstakeとRockXは共に、ステーキングを通じてブロックチェーン業界におけるSolanaの成長を加速させていきます。2021年1月以降、MoonstakeはRockXと共同でPolkadotのステーキングエコシステムをサポートしています。現在、Moonstakeは世界のトップ10ステーキングプロバイダーとして活動しており、大手ステーキングデータアグリゲーターであるStaking RewardsのVPPファミリーのVerified Provider (Staking Rewards公認のステーキングサービスプロバイダー)になっています。RockXもまた、世界のトップ13のステーキング事業者であり、Staking RewardのプログラムのVerified Provider(Staking Rewards公認のステーキングサービスプロバイダー)でもあります。

 

Moonstakeは、アジアで最大のステーキングネットワークを作ることを目的として、昨年ステーキングビジネスを開始しました。それ以来、2,000以上の暗号資産をサポートする最もユーザーフレンドリーなウェブウォレットとモバイルウォレット(iOS / Android)を開発しました。2020年8月に本格運用を開始した後、Moonstakeのステーキング資産総額は10億ドルに達するまで急成長しています。Cosmos、IRISnet、Ontology、Harmony、Tezos、Cardano、Qtum、Polkadot、Quras、Centrality、Orbs (on Ethereum and Polygon), IOST, TRON、Shiden、FIO、EVER、ROSEに続き、需要の高いSOLはMoonstakeで利用できる18番目のステーキングコインとなる予定です。

 

RockXは、多くのユーザー向けにリスク調整された暗号資産投資を提供するデジタル資産プラットフォームで、ユーザーはマイニング、ステーキング、その他のDeFi製品を通じて、保有する暗号資産を複合的に利用することができます。現在、Polkadot、Solana、Avalancheなどの人気ブロックチェーンの主要なノードオペレーターとなります。

最近、RockXは、世界最大のブロックチェーンの1つであるSolanaを使った開発によって、あらゆるレベルの開発者がWeb 3.0領域でスタートを切れるように、エクスプローラーSolanaFMを通じてグローバル・ハッカソン・ソラナ・サマーキャンプを主催しました。このイベントは2022年7月から8月にかけて開催され、最大で500万米ドルの賞金とシード資金を獲得することに成功しました。

 

Solanaは、スケーラビリティ、スピード、コスト最小化、エネルギー効率に重点を置いたレイヤー1ブロックチェーンとなります。タイムスタンプに基づく独自のPoH(Proof of History)アルゴリズムと高速同期システムを組み合わせたハイブリッドモデルのPoS(Proof of Stake)を採用しています。これにより、Solanaはユーザーと開発者の両方に高速かつ低コストの利用を提供することができ、取引手数料は0.01米ドル未満、取引時間は0.001秒で活用できます。これらのイノベーションのおかげで、SolanaはDApp開発者やステーキングユーザーにとって最も人気のあるブロックチェーンの1つになっています。現在、SOLは時価総額トップ10の暗号資産となっています。

 

Moonstakeの創設者である手塚満氏のコメント

 

「Solanaの世界的なノードオペレーターの1つであるパートナーRockXと再び協働できることを非常に嬉しく思います。まもなくMoonstakeのユーザーは、以前のDOTステーキングと同様に、RockXのバリデーターを使用してSOLのステーキングにアクセスすることができます。MoonstakeとRockXの市場をリードするプラットフォームを組み合わせることで、我々がPolkadotエコシステムのために行ってきたのと同様に、一緒に成長し続けるSolanaエコシステムをサポートすることができると確信しています。」

 

RockXのCEOであるZhuling Chenのコメント

 

「我々は、トップ10のステーキングプロバイダーとユーザーフレンドリーなウォレットであるMoonstakeと連携し、PolkadotからSolanaにパートナーシップを拡大することができ、非常にうれしく思っています。MoonstakeとRockXは、以前Polkadotで行ったように、ブロックチェーンサービスへのアクセスを改善するために一緒に業界を盛り上げ、私たちのSolanaエコシステムの成長にさらに注力していきます。」

 

Moonstakeの最新ニュースは、TwitterとTelegramでフォローしてください

 

Moonstakeについて

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

 

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoの構成銘柄であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5千万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど、27社の有力プラットフォームプロバイダーと提携しています。2021年5月、Moonstakeは、シンガポール証券取引所に上場するOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めました。

 

Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。

 

https://www.moonstake.io/       

 

Moonstakeのステーキングビジネスについて

 

2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対し、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデーションノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、18のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、グローバルなユーザー基盤を持ち、同年6月には世界で1万社以上のプロバイダーの中から3位にランクインしています。

 

RockXについて

RockXは、ステーキング、データ、セキュリティへのグローバルなブロックチェーンノードネットワークです。チームは、マイニング、ステーキング、プロトコル研究、インフラ設計の豊富な経験を備えています。近年では、開発者向けに人気の高いレイヤー1および2プロトコルのアクセスノードAPIを構築し、企業がブロックチェーンにシームレスにアクセスできるよう支援しています。

 

9億米ドル相当のトークンをステーキングしているRockXは、アジア有数のステーキング・プラットフォームの1つです。RockXは、暗号資産で収益を上げるために世界中の機関投資家や富裕層の顧客にサービスを提供することに重点を置き、相乗効果のあるパートナーや革新的なWeb 3.0プロジェクトとのコラボレーションに常にオープンで、最終的には分散型金融エコシステムの構築に貢献しています。

 

https://www.rockx.com/

本日、Moonstake は、MoonWealth と呼ばれる暗号資産投資を検討している新規ユーザー向けに暗号投資プラットフォームを立ち上げることを発表します。このサービスはシンプルかつ安全なプラットフォームで、誰もが安心して暗号資産投資を始めることが可能となります。MoonWealthは、暗号資産投資の利点とリスクについて新規投資家を教育し、資産を増やすための、投資意思決定をする機会を与えるという使命のもとに開発されました。

飛躍的に成長し続ける暗号資産市場において、2021年の調査では、世界で約3億人が暗号資産を所有していると推定され、暗号資産の認知については、ビットコイン以外についても知っているとのことです。ゲームチェンジされるような業界の発展や、様々な企業が暗号資産を採用したおかげで、ますます多くの人が暗号資産投資に興味を持ち始めていますが、詳細情報や前例が少なく投資リスクを回避するために、躊躇しているのが現状となります。暗号資産の取扱いについては、自身で暗号資産を管理することの複雑さ、この市場の動きの速さとしばしば予測できない性質、初心者向けに簡単に理解可能な教育情報の不足、あるいは不幸にも多発する詐欺師などの存在等、様々な点で参入障壁を高くする要因があります。

そこで、初心者向けプラットフォームMoonWealthは、暗号資産業界に、透明性と暗号資産投資のリスクとメリットに関する個人ユーザーへの教育に焦点を当てたソリューションを提供します。

MoonWealthプラットフォームは、業界知識の探求から実践的なアプリケーションや投資まで、初心者の暗号資産投資全体をカバーする「学ぶ&稼ぐ」の2つの要素で構成されています。MoonWealth Learnは、ユーザーが迅速かつシンプルな方法で暗号の知識を学び、テスト行うことができる対話型の学習体験を提供します。MoonWealthは、暗号資産の知識や投資経験の有無にかかわらず、誰もが簡単に暗号資産を理解し、投資に参加できる理想的な出発点となることを目指しています。また、MoonWealth Learnに続くものとして、MoonWealth Earnも計画中となり、近い将来、初心者の暗号資産投資の次のステップとして、ユーザーに価値ある投資商品を提供する予定となります。MoonWealth LearnのユーザーはLearnポイントを獲得することができ、そのポイントは特典の交換に使用することができる仕様を想定しています。

MoonWealthの公式ウェブサイトとMoonWealth Earnの暗号資産学習プラットフォームには、ここからアクセスすることができます。(LINK)

MoonWealthは、シンガポール取引所に上場しているOIO Holdings(SGX: KUX)の完全子会社であるMoonstakeの新しいプロジェクトです。2020年4月に設立されたMoonstakeは現在、17の主要暗号通貨だけでなく、安定コインやNFTをサポートするWebおよびモバイルユーザー向けのトップクラスのセルフカスタマイズステーキングプラットフォームを運営する世界トップ10ステーキングプロバイダーです。当社は、お客様に透明性と信頼をもたらすことを約束し、常に業務の改善に努めており、その結果、主要なグローバルステーキングデータアグリゲーターであるStaking Rewardsによると、検証済みプロバイダーとして認められました。

Moonstakeでは、経験豊富なクリプトユーザーのニーズをカバーすることを目指し、MoonWealthでは、暗号資産エコシステムへの新規ユーザーをサポートし、導くことを目指します。この新しいプロジェクトの立ち上げは、初心者と経験豊富なクリプトユーザーの両者に暗号資産保有者としての正しい情報を身に着けることのできる環境を提供することにより、地域および世界のブロックチェーン市場における投資家と企業の需要を満たすというMoonstakeの使命と一致しています。

MoonWealthの立ち上げについて、Moonstakeの創業者である手塚満氏は次のように述べています。

「私たちは、暗号投資分野への新規参入者が迅速かつ容易にスタートできるよう、新しいプラットフォームであるMoonWealthを立ち上げることに興奮しています。MoonstakeとMoonWealthのLearn and Earnの機能により、業界の知識や経験のレベルに関わらず、可能な限り幅広いクリプトユーザーのニーズと需要を満たし、暗号資産の普及をより強力に推進したいと考えています。これは、投資と教育に対するOIOのアプローチの一部でもあります。持続が困難な利回りを持つ投資案件ではなく、暗号資産市場全般の長期的で健全なビジョンに焦点を当てることで、投資商品の透明で中立的な見解を与えるものとなります。 」

この新サービスの最新ニュースやアップデートをキャッチするために、こちらのMoonWealth公式Twitterをフォローしてください。また、Moonstakeの公式TwitterとTelegramに参加して、ニュース、プラットフォームの更新情報、業界考察、報酬キャンペーンに関する情報を入手することができます!

MoonWealth公式Twitter:https://twitter.com/Moonwealth1

Moonstake公式Twitter:https://twitter.com/moonstake

Moonstake公式Telegram:https://t.me/Moonstake_wallet

Moonstakeについて

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoの構成銘柄であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5千万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど、27社の大手プラットフォームプロバイダーと提携しています。2021年5月、Moonstakeは、シンガポール証券取引所に上場するOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めました。

Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。

https://www.moonstake.io/

Moonstakeのステーキングビジネスについて

2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対して、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデータノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、17のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、世界的なユーザー数を誇り、同年6月には世界1万社以上のプロバイダーの中で3位にランクインしています。

本日、MoonstakeはStakingRewardsのVerified Provider Program(VPP)においてVerified Provider(Staking Rewards公認のステーキングサービスプロバイダー)となったことを発表します。

Moonstakeは、世界中の暗号資産ユーザーと主要なPoSブロックチェーンプロジェクトに信頼される世界のトップ10ステーキングプロバイダーとしてStakingRewardsが管理するVPPファミリーに加わります。

VPPは、プロバイダーがリスク管理、セキュリティ対策に関する一連の基準を満たしていることを検証することにより、ステーキング業界の信用、透明性、信頼性を高めるStakingRewardsのサービスの一部です。このプログラムは、投資家がステーキング・プロバイダーを選択する際に、不安なくサービスが利用できるよう、プロバイダーの運営とセキュリティ設定について厳格なデューデリジェンスを行い、そのサービスがユーザーに信頼性、セキュリティ、説明責任、賠償責任を提供、提示しているかどうかを判断することを目的としています。

さらに、顧客サービス、提供される付加価値サービス、分散化の理念、ガバナンスへの参加などを考慮した「付加価値スコア」も算出しています。

Moonstakeは、Verified Providerとして、ユーザーの資産管理およびセキュリティ、または顧客サービスのいずれにおいても、卓越したユーザー体験と優れたステーキングプラットフォームを提供することがこのプログラムによって証明されています。

Moonstakeは、アジア最大のステーキングネットワークを作成することを目的として、昨年ステーキングビジネスを開始しました。それ以来、2000以上の暗号通貨をサポートする最もユーザーフレンドリーなウェブウォレットとモバイルウォレット(iOS / Android)を開発しました。2020年8月に本格的な運用を開始した後、Moonstakeのステーキング資産総額は10億ドルに達するまで急速に成長し、Moonstakeは世界的にトップ10ステーキングプロバイダーの1つになることを可能にしました。現在、MoonstakeはCosmos、IRISnet、Ontology、Harmony、Tezos、Cardano、Qtum、Polkadot、Quras、Centrality、Orbs (Ethereum and Polygon), IOST, TRON、Shiden、FIO、Everscale、Oasisなど17の主要PoSアセットをサポートしています。

2017年に設立されたStaking Rewardsは、暗号資産ステーキング業界の中心的な情報ハブであり、主要なデータアグリゲーターです。偏りのないライブのステーキング市場データ、ポートフォリオと計算機の簡素化ツール、ステーキング業界に関する深い研究分析を通じて、個人投資家と機関投資家に洞察と投資ツールを提供しています。StakingRewardsのAPIフィードは、CoinbaseやBitcoin Suisseなどの大手企業で利用されています。

Moonstakeの創設者である手塚満氏のコメント

“我々はグローバルステーキングプロバイダーとして、StakingRewardsのVerified Provider Program(VPP)にて、トップ10のサービス提供者に認められたことを大変嬉しく思います。

Moonstakeでは、ユーザーから多くの支持を受けている暗号資産のサポート、当社の専門開発チームと主要な業界パートナーとの提携による高セキュアで安全なステーキングインフラ、優れた顧客サポートと多言語サービス、さらに貴重な業界ニュースや推察をユーザーに提供するなど、世界中の暗号資産ユーザーに高水準のステーキングサービスを提供するために常に努力しています。これからも私たちは、暗号資産コミュニティに高品質なサービスを提供し続け、皆様のサポートを今後も受けられる様に努めてまいります。”

Moonstakeのニュースの最新情報は、Twitter もしくは Telegramをフォローしてください。

Moonstakeについて

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoを構成するEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5000万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど、27社の有力プラットフォームプロバイダーと提携しています。2021年5月、Moonstakeは、シンガポール証券取引所に上場するOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めました。

Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。

https://www.moonstake.io/    

Moonstakeのステーキングビジネスについて

2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対して、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデータノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、17のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、グローバルなユーザー基盤を持ち、同年6月には全世界の10,000以上のプロバイダーの中で3位にランクインしています。

StakingRewardsについて

StakingRewardsはオープンコンコースのプラットフォームで、ユーザーが暗号資産を利用し低リスクでパッシブインカム(受動的収入)を得る際のデータとガイダンスを提供します。

ステーキングとDeFiにおける健全なエコシステムを構築するために、知識とデータを蓄積しています。StakingRewardsは、ステーキングアセットのインフラ、セキュリティ、専門知識、管理に関することや保険に関わることなど多角的な情報をユーザーに提供することで、ユーザーが安心してステーキングを利用する世界を実現しています。

https://www.stakingrewards.com/ 

今日、Moonstakeは、我々は正式にEthereumマージをサポートすることを発表します。今回のアップデートにより、EthereumネットワークのProof-of-Stakeへの完全な移行を示し、最終的にユーザーが自分のETHをステーキングに利用しステーキング報酬を受け取ることができるようになります。私たちは、新しいProof-of-Stake ETHを公式にサポートする世界で最初のプラットフォームの1つであることを大変嬉しく思います。Ethereumマージは、市場にエキサイティングな展開をもたらすだけでなく、暗号資産を保有するユーザーに多くの利益をもたらすことは間違いないと私たちは考えています。

Moonstakeユーザーは、新しいProof-of-Stake ETHにアクセスするために、何もする必要はありません。Moonstake上のすべてのETHは、Ethereumマージが行われた後も安全にご利用できます。

Moonstakeは、アジアで最大のステーキングネットワークを作ることを目的として、2,000以上の暗号通貨に対応した最もユーザーフレンドリーなウェブウォレットとモバイルウォレット(iOS / Android)を開発し、2020年8月より、ステーキング事業を本格的に開始しました。その後の実績としてMoonstakeのステーキング資産総額は10億ドルに達するまでに急成長し、Moonstakeは世界トップ10ステーキングプロバイダーの1つになることができました。昨年3月より、Moonstakeは新たに立ち上げたDeFiプラットフォームであるMuse.Financeと共にDeFiにも参入し、Muse.FinanceはMoonstakeプラットフォームに統合する予定のコアDeFi製品をリリースし、世界中のユーザーに対して高度なDeFi接続を可能にする予定です。

2015年7月に設立されたEthereumは、ビットコインとともに最も人気のあるデジタル資産として、長く業界をリードしてきました。Ethereumのネットワークは、設立当初からビットコインと同様にProof-of-Workというコンセンサスアルゴリズムで動いていますが、現在はProof-of-Stakeに変化しています。The Mergeの利点は、ネットワークのエネルギー消費を99.95%削減し、最終的には、このアップグレードがシャーディングを含む将来のスケーリングアップグレードの土台となるため、ユーザーにとって手数料の低下と取引速度の高速化等のメリットをもたらします。

Moonstakeウォレットは、ORBSやCENNZなど、Ethereumチェーンで利用可能なステーキングアセットを常にサポートしています。Proof-of-Stake Ethereumをサポートする最初のプラットフォームの1つとなることで、Moonstakeは暗号資産を保有するユーザーに最も使いやすい暗号資産ウォレットを提供するというコミットメントを今後も実証していきます。

Moonstakeについて

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoを構成するEmurgo、Polkadotと連携するブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5,000万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど、27社の大手プラットフォームプロバイダーとパートナーシップを組んでいます。2021年5月、Moonstakeはシンガポール証券取引所に上場しているOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めています。

Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。

https://www.moonstake.io/    

Moonstakeのステーキングビジネスについて

2021年9月時点で6,300億円の市場に成長したステーキング業界に対し、Moonstakeはユーザーの預金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデータノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、16のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、グローバルなユーザー基盤を持ち、同年6月には全世界の1万以上のプロバイダーの中で3位にランクインしています。

https://www.moonstake.io/

Ethereumについて

Ethereumは、中央の権威に支配されることなく、アプリや組織の構築、資産の保有、取引や通信を行うための技術です。Ethereumを利用するために個人情報をすべて渡す必要はなく、自分自身のデータと共有されているものを管理することができます。Ethereumには独自の暗号通貨ETHがあり、Ethereumネットワーク上の特定の活動に対する支払いに使用されます。

https://ethereum.org/ 

今年4月、Moonstake(ムーンステーク)は創業1周年を迎えました。正式サービス開始からわずか1年、Moonstakeのステーキング資産の総額は900億円に達し、POS市場において確固たる地位を築きました。世界中にユーザーを抱え、数々のコアブロックチェーン企業とパートナーシップを締結し、世界のトップ10入りを果たすまでに成長しました。

1周年を迎え、Moonstakeのファウンダーの手塚満のコメントです。

手塚:2020年はMoonstakeにとって素晴らしい年でした。私たちは900億円以上のステーキング資産を達成し、ウォレットだけでなく、staking-as-a-serviceソリューションで世界中の投資家や企業の信頼を得ました。わずか1年で、私たちはステーキングプロバイダーとして世界のトップ10入りを果たしました。ブロックチェーンプロジェクト、カストディアンや様々なパートナーとの連携を深めてきた結果です。2021年以降、特にDeFiスペースにおいてMoonstakeのエコシステムがどのように成長していくのか、非常に楽しみにしていますし、皆さんと一緒に体験したいと思っています。いつも私たちをサポートしていただき、ありがとうございます!

Moonstakeのマイルストーンをもう一度振り返り、そして2021年以降のこれからのMoostakeの輝かしい未来を、CEOのLawrence Lin(ローレンス・リン)とシニアアドバイザーのShogo Ishida(ショウゴ・イシダ)と共に見てみましょう。

Lawrence Lin: こんにちは、MoonstakeのCEO、Lawrence Linです。アジア最大のステーキングネットワークを目指してステーキングビジネスを開始してから1年が経ちました。Moonstakeは、まず最もユーザーフレンドリーなステーキングウォレットを開発しました。ウェブブラウザ用のMoonstakeウェブ版ウォレットとiOS/Android用のモバイルアプリケーションを開発しました。Moonstakeのウォレットでは、2000以上の暗号通貨の保管、送受信をサポートし、Cosmos、IRIS、Ontology、Harmony、Tezos、Cardano、Qtum、Polkadot、Quras、Centrality、Orbsのステーキングに対応しています。

Moonstakeは、Emurgo(グローバルなブロックチェーンソリューションプロバイダーであり、Cardanoの創設プロジェクトのひとつ)、NEO、Ontology、Wanchainなどのパブリックブロックチェーンや、分散型プロジェクトのPundi X、RAMP DEFI、TZ Ventures、RockX、Stake Technologies、Orbs、Unidoなど、業界をリードするプレイヤーと戦略的なパートナーシップを結んできました。これらのパートナーシップは、Moonstakeはユーザーにとってのステーキングやブロックチェーンへのアクセスを拡大するものです。

質問:現在、Proof of Stakeとステーキングの最大の導入障壁は何で、投資家やブロックチェーンビジネスのために、どのように解決すべきでしょうか?

Lawrence Lin: 障壁は、認知度の低さと、まだユーザーエクスペリエンスのアクセスの乏しさです。一般の人々は、「価格変動の激しい暗号通貨」としてのビットコインをよく知っていますが、PoSコインへの認知がまだまだ低いです。特に、利益を得るための取引は、株式、不動産、金などの他の資産クラスへの投資に似ているため、はるかに簡単に導入することができます。実際のところ、ステーキングは基本的に銀行に資産を預けるようなものですが、中央集権的な銀行システムではなく、非中央集権的なネットワーク上で行われるため、より安全性が高いのです。

しかし、ステーキングは単にお金を金庫に入れるだけではありません。基本的には、取引を促進するバリデータを選択し、ブロックチェーンネットワークの運用に影響を与える活動となります。このような技術的な複雑さが加わることで、一般の暗号通貨投資家にとってステーキングは敷居が高く感じられるかもしれませんし、ブロックチェーンを導入を検討する企業にとってはなおさらです。

Moonstakeは、投資家と企業のこれらのペインポイントの両方を解決することで、ステーキングの採用を加速するために活動しています。ステーキングやPoSブロックチェーンに関するウェビナーを開催したり、パートナーと協力することで、ブロックチェーンや分散型技術の認知度をより効果的に広める活動を行ってきました。同時に、投資家がPoSブロックチェーンの技術的な複雑さに悩まされることなく、最適な利回りで静的な資金から報酬を得ることができるように、需要の高いPoSコインをサポートするユーザーフレンドリーなウォレットを開発しています。また、企業向けには、Moonstakeのステーキングプールやノードソリューションを提供しており、ブロックチェーンをビジネスに導入することで、プラグアンドプレイで簡単に活用し、利益を得ることができます。

質問:DeFi領域への参入を発表されていますが、どのような展開を考えていますか。

Shogo Ishida: 去る3月31日にDeFiプロジェクト「Muse.Finance」を発表しました。Muse.Financeには、パートナーとしてMoonstakeも共同で参加します。独自の製品を作るだけでなく、Muse.Fianaceのプラットフォームへの接続を希望するDeFiプロダクトとの連結を進めていきます。Muse.Financeは、暗号資産保有者はステーキングに参加しながら、ラップアセットを通じてレンディングの利益を得ることができ、また同時にイールドファーミングを行うことができる分散型のプラットフォームです。Muse Swap、Muse Lending、Muse Wrapで構成されるそのエコシステム設計によって、Ethereum上で発行されるトークン(ERC-20)のDeFiエコシステムとEthereum 2.0をつなぎ、流動性を生み出すPoSプラットフォームを実現しています。また、高度なクロスチェーン技術を用いることで、Cardanoから始まり、様々なブロックチェーンへとサービス提供が可能な暗号資産経済圏を拡大しています。

Muse.Financeは、5月に最初のプロダクトとなるラップとスワップのプロダクトを発表し、イールドファーミングの機能を追加します。その後、年内に、レンディングプラットフォームを強化していきます。

 

 

 

Moonstakeについて

Moonstakeは、アジア地域や世界規模で高まる需要に応えるため、ステーキングプール・プロトコル開発のために設立されました。Moonstakeはステーキングプールのプロトコルを開発し、パートナーや会社を通してサービスを提供していきます。Moonstakeは、アジアにおいて最大ステーキングプールネットワークになることを目標としています。

アジアを率いるエコシステムを構築していくためにEmurgo、Ontology、NEO、PundiX、Wanchain、Qurasらと、次々とメジャープロジェクトとのパートナーシップを拡大してきました。日本最大のブロックチェーンハブのBinarystar、シンガポール証券取引所上場企業のOIO Holdings Limited (SGX: OIO)と提携しています。アドバイザーには、世界的なプロジェクトのLISKや、プロジェクトの著名プレイヤーを迎えています。


昨年8月のオペレーション本格化を機にビジネスを拡大し、総ステーキング額は900億円に達しています。

https://www.moonstake.io/

今回、Moonstakeの1周年を記念して、創業者の手塚満氏にインタビューを行い、Moonstakeのこれまでの実績や今後の事業展開、ブロックチェーン業界について語っていただきました。

インタビュー動画リンク:https://youtu.be/mAT0q_mLulE

※モデレーターは、Moonstakeのシニアアドバイザーを務めるShogo Ishida氏が行っております。

下記、サマリーとなります。

——

Ishida氏:Moonstakeの創業の経緯についてお聞かせください。

手塚氏:
私が暗号資産の領域で事業を始めてから10年目になりますので、業界内の様々なプロジェクト及び、暗号資産コミュニティの方々との交流がある中で、この横の繋がりをどのようにビジネスとして活かすことができるかという点について考えてきました。

また、近年プルーフオブステークに注目が集まり始めている中で、複数のコインを同時にステーキングすることのできるウォレット事業であれば、このトレンドをきっかけに、我々の強みである業界内の人脈と、世の中のニーズが一致できるのではないかと考え事業をスタートさせました。

——

Ishida氏:Moonstakeの2020年の事業展開についてお話しいただけますか?

手塚氏:
まず、2020年に事業をスタートした当初は、今よりもさらに、ステーキング自体の認知度を上げていく必要がありました。このような啓蒙活動は、ステーキングを行うことのできる各プロジェクトでも、独自のトークンの流動性を高めていきたいというニーズとマッチしますので、我々としては、業界内で繋がりのあるプロジェクトとパートナーシップを結び、Moonstakeウォレットでステーキングを行うことで、各トークンの流動性を高めていこうという取り組みを行ってきました。また、特定のトークンにとらわれず、より多くのステーキング可能なトークンの導入を積極的に行うことで、競合他社との差別化を図っており、UI/UXの改善についても、積極的に行っています。

——

Ishida氏:ステーキングバリデーターとして、2021年初月には、ステーキングボリュームにおいて、世界でベスト8位になりましたが、この結果はいかがでしょうか?

手塚氏:
もちろん、やるからにはトップを目指したいですし、この1年間アクティブに活動してきた結果がでてきているのではないかと考えてます。ただ、年末から2021年の第1クオーターにかけて業界全体で市場が高騰しているという点が後押しになっていたのは事実ですし、この部分は嬉しい誤算でした。この実績については、ユーザーの皆様にも1つ認めてもらうきっかけになったのかなと思っています。また、業界内でもMoonstake社の認知度が高まっていて、直近では、競合他社との交流も多くなり、今後連携をとっていくことを目的として議論を進めてます。

——-

Ishida氏:DeFi領域への参入を公言されてますが、DeFi領域においてMoonstakeはどのような展開を試みようと考えてますか?

手塚氏:
我々は、ウォレットを持っているという強みがあるので、ブロックチェーンプロダクトのみならず、様々なDeFiサービスとの連携というのは、ユーザーの皆様にとって、非常に利になることだと思っています。

外部のサービスとの接続も検討してますが、まだまだ、成熟しているサービスがある領域ではないので、我々自身でも関係プロジェクトとしてDeFiの領域に参入し、実証実験を繰り返しながら新しい領域への取り組みを全力で進めていきたいと考えています。


Ishida氏:
DeFi領域については、関連プロジェクトとして、ミューズファイナンスというプロジェクトを立ち上げ、私がファウンダーとして進めているわけですが、その側面から言っても、Moonstakeと共同でやっていくことを前提に、ステーキングのアセットを活かしていきたいと考えています。ユーザー目線でみると、ステーキング報酬を受けつつ、さらに、レンディングやDEXへのアクセスを可能にしていくことで、金融サービスへの選択肢を増やしていくという点は、非常に重要だと考えています。昨年DeFi業界の市場は、66倍に拡大していますので、極めて成長力のある分野であることは間違いないです。この市場において、Moonstakeが、2020年に培ってきた実績を強みにできるようなサービス展開を検討していきたいと考えています。

——

Ishida氏:Moonstake社として、この1年や3年以降に関する業界についてどうお考えでしょうか?

手塚氏:
直近2021年は、市場が賑わっているのは理解してますが、個人的には、距離を置いてみています。大事なのは、ブロックチェーンという技術が、社会との接続をどの程度進められているかだと考えています。現状は、サプライチェーン上やガバナンスの中などで、ブロックチェーンサービスが実装されている事例はないかと思います。この部分が実現していくと、本当の意味で、実需に伴い流動性が増えていくのではないかと期待しています。また、その際には、今の投資が中心の流動性よりも更に大きな流動性が生まれるのではないかと考えています。

——

Ishida氏:その展望におけるMoonstakeのポジションは?

手塚氏:
日本の暗号資産におけるウォレット事業について、現在、特定のプロダクトが浸透しているわけではありません。なかなか単体では難しい事業かと思います。ただ、Moonstakeウォレットでは、ステーキングを始めとして、DeFiサービスなどを通じてお客様の資産形成を行うことができるサービスを積極的に導入していき、今後はデジタルペイメントの領域でも様々な資産に流動性をもたすなど、よりユーザーにとって使い勝手の良いウォレットとしてシェアをとっていけたら面白いかなと考えています。

——

Ishida氏:手塚さんにとって、Moonstakeのプロジェクトとは?

手塚氏:
今後どの決済サービスがシェアをとっていくか現状ではわかりませんが、究極のUI/UXを備えたウォレットというのは、必要不可欠であると考えています。日本では、決済イコールキャッシュと言う文化が根強いですが、後進国の決済インフラをみてみるとデジタルペイメントを広めていくことは、非常に価値ある試みだと思います。現状ではアジアを中心に、利便性の高いウォレットとして開発及びマーケティグを進めていますが、今後、全世界的に加速していくデジタルペイメントの領域にメスをいれていけたらいいなと思っています。

——

Ishida氏:最後に、ユーザーの皆さんにメッセージをお願いします。

手塚氏:
ユーザーの皆様には、Moonstakeウォレットをご愛好いただき感謝してます。

今後とも、皆様にとって扱ってもらいやすいウォレットと思っていただけるようにサービスの充実化を全身全霊で進めて参りますので、ユーザーの皆様のウォレットに関する様々なご意見やご指摘を、積極的にヒアリングし、アップデートしていくことが我々のモットーでもありますので、共に、よりよいサービスを作っていけたらと思っております。また、今後もMoonstakeの最新情報にご期待ください。

 


Moonstakeについて

Moonstakeは、アジア地域や世界規模で高まる需要に応えるため、ステーキングプール・プロトコル開発のために設立されました。Moonstakeはステーキングプールのプロトコルを開発し、パートナーや会社を通してサービスを提供していきます。Moonstakeは、アジアにおいて最大ステーキングプールネットワークになることを目標としています。

アジアを率いるエコシステムを構築していくためにEmurgo、Ontology、NEO、PundiX、Wanchain、Qurasらと、次々とメジャープロジェクトとのパートナーシップを拡大してきました。日本最大のブロックチェーンハブのBinarystar、シンガポール証券取引所上場企業のOIO Holdings Limited (SGX: OIO)と提携しています。アドバイザーには、世界的なプロジェクトのLISKや、プロジェクトの著名プレイヤーを迎えています。

昨年8月のオペレーション本格化を機にビジネスを拡大し、総ステーキング額は900億円に達しています。

https://www.moonstake.io/

 

 

今年の4月、Moonstake(ムーンステーク)は創業1周年を迎えました。この記事では、事業パートナー企業の1つである韓国のTZ Ventures(ティージー・ベンチャーズ)にインタビューしました。私達はパートナー提携を通じて、2020年9月からTezosのエコシステムに対して、ステーキングの採用・導入を推進するために協力しています。TZ Venturesを代表して、ディレクターのJaywon Lee(ジェイウォン・リー)を招待しました。彼は、「ブロックチェーン企業になるための道筋(Path to becoming a blockchain company)」というタイトルの、韓国で最も売れているIT書籍の著者でもあります。

TZ Venturesは、コアブロックチェーンのTezos(テゾス)をベースに事業を手掛ける、初期段階のブロックチェーンスタートアップを育成しています。テゾスを基盤に構築し、エクイティファイナンスに挑戦しようとしているプロジェクトをサポートしています。彼らは主にTezos上のプロジェクトの創業支援と、ブロックチェーン技術を活用した実際のビジネスユースケースを生み出すことを目指しています。彼らは、技術支援、メンター支援、マーケティング支援、事業パートナー締結、資金調達などを通じて、スタートアップを支援するプログラムを定期的に実行しています。Tezosの暗号資産である「XTZ」は、Cosmos、IRIS、Ontology、Harmony、Cardano、Qtum、Polkadot、Quras、Centrality、そして最近ではOrbsとともに、現在MoonstakeがサポートしているPoSコインの1つであり、市場からのニーズが高い主要PoSコインです。

 

以下にインタビューの内容を紹介します。

 

1.Moonstakeは創業1周年を迎えます。Moonstakeは1年間で、ステークされた資産総額が合計約900億円に達し、世界のステーキングサービスでトップ10に入りました。パートナーとして、Moonstakeとステーキングサービスプロバイダーとしての業績についてどう思いますか?
おめでとうございます。これは驚くべき事業進捗です!御社の成功の鍵は、信頼できること。そして最高の技術を追求することへのみなさんの継続的なコミットメントがあったからだと思います。


2.プロジェクトについて教えてください。また、現在集中して取り組んでいることは何ですか?
Tezosは、バグのあるコードを回避できる高度なブロックチェーンプロトコルです。詳細については、https://tezos.com/を参照してください。TZ Venturesは、Tezosに基づいて構築されたプロジェクトの創業を支援しています。私たちは、技術サポート、メンターシップ、資金提供者の紹介を通じてプロジェクトを支援しています。TZ Venturesは今年、DeFi、NFT、エンターテインメント/ゲーム領域のプロジェクトの支援に特に関心を持っています。詳細については、www.tz.ventures をご覧ください。


3.Moonstakeとパートナーシップを組んだ経緯について教えてください
私たちは常に、信頼性が高く、技術に精通したステーキングのプロバイダー(Tezosの用語では「baker」という)を探しています。Moonstakeはその両方の基準を満たしています。特に昨年と今年は、DeFiのダイナミックな成長と、それがどのように暗号資産界隈にエネルギーを吹き込んだかを目の当たりにしました。Moonstakeはこの変化に対処する最前線にあり、DeFiとステーキングを調和させて実現することに長けています。


4.どの分野のコラボレーションに取り組んでいますか?
私たちはすべての分野でコラボレーションを推進しています。ステーキング、DeFi、研究開発、ミートアップ、マーケティングなど。私たちは常にアドバイスや技術支援を提供したり、また受けたりすることに対してオープンです。すべてのブロックチェーン分野の専門家という人は世の中にいないため、私たちはそれぞれの組織で「相互メンター」としての役割を果たします。


5.あなたのプロジェクトとMoonstakeの将来の相乗効果をどのように見ていますか?
Moonstakeは、変化に敏感な素晴らしいパートナーです。このダイナミックな暗号資産に関わる環境で、今後も一緒に将来に備えていくことができれば、相乗効果が生まれることは間違いありません。


— 以上、インタビュー —


Moonstakeは、ブロックチェーン技術の世界的な導入を推進する最前線で、TZ Venturesなどの主要なプロジェクトや機関と提携できることを光栄に思います。私たちは、ステーキングと今後のDeFiの両方のサービス提供を拡大し、パートナーシップネットワークを強化して、世界中のユーザーとビジネスの両方に対して価値を提供し続けるために、今後も止めること無く挑戦していきます。ステーキングの世界的な導入を推進するという私たちの挑戦に参加してくれたすべてのパートナーに感謝しています。XTZステーキングの導入をさらに促進すべく、今後も
TZ Venturesとのより緊密な協力を楽しみにしています。

 

Moonstakeについて

Moonstakeは世界各地域のブロックチェーン市場で高まる需要に答えるステーキングプールプロトコルを開発することを目的に、近年設立されました。Moonstakeはステーキングプールの技術プロトコルを開発し、パートナーや企業にビジネスサービスを提供しています。

Moonstakeは暗号資産保有者にアクティブに活動しやすい環境を提供することで、アジア最大のステーキングプールネットワークになることを目指しています。Moonstakeのパートナーシップ計画の公開は、アジアで急成長しつづける分散型台帳技術(DLT)のエコシステム全体に及ぶ、主要なプラットフォーム提供者と良好な関係を構築していく上での、重要なプロセスですこれまでに発表されたパートナーには、ステーキング促進の提携としてEmurgo(エマーゴ)、Ontology、NEO(ネオ)に加え、日本最大のブロックチェーンハブであるBinarystar(バイナリースター)、シンガポール上場企業のOIO Holdings Limited(SGX: OIO)があります。OIO(オー・アイ・オー)はシンガポールの上場企業です。Lisk(リスク)やRAMP DEFI(ランプ・ディファイ)のLawrence Limといった業界で著名なアドバイザーによって、Moonstakeの革新的な活動は支援されています。

2020年8月に本格的にサービス提供を開始し、事業を拡大しており、現在ではステーキングされた総資産額は900億円以上の実績を持っています。

https://www.moonstake.io/

 

TZ ベンチャーズについて

TZ Venturesは、Tezosエコシステム内の初期段階のブロックチェーンスタートアップを育成しています。彼らは、Tezosを基盤とし、エクイティファイナンスに乗り出す東南アジアのプロジェクト支援しています。また、主にTezos上のプロジェクトの創業支援と、ブロックチェーン技術を活用した実際のビジネスユースケースを生み出すことを目指しています。彼らは、技術支援、メンター支援、マーケティング支援、事業パートナー締結、資金調達などを通じて、スタートアップを支援するプログラムを定期的に実行しています。

https://www.tz.ventures/