Moonstake(ムーンステーク)は、ニュージーランドに拠点を置く世界有数のフィンテックベンチャーであるCentrality(セントラリティ)との共同ウェビナーを、12月13日(日)日本時間15時から開催いたします。(日本語字幕あり、一部英語のみ)

MoonstakeとCentralityは、2020年8月戦略的パートナーシップを締結しました。CentralityのCEO、Aaron McDonaldがアドバイザーとしてMoonstakeに参加し、MoonstakeのステーキングプラットフォームでのCENNZ(Centralityのトークン)の実装に向けて、両者は積極的に開発を進めています。今回のウェビナーはパートナーシップを締結してから初めての共同イベントとなり、CentralityとMoonstakeのパートナーシップの進捗についてもお伝えする予定です。

Centralityは、フィンテックベンチャーとしてニュージーランド政府のリサーチ助成金を受けており、官民一体となって取り組む「Digital Identity NZ」への参加を通じて、NZTechやSinglesourceなどと共に、ニュージーランド政府と分散型システム構築に取り組んでいます。

また、CentralityはAmazon(AWS)、マイクロソフトパートナー、マクドナルド中国など様々な業界の企業と提携しており、多くの企業のブロックチェーン導入を促進しています。2020年8月には、Centrality発のベンチャー企業であるCentrapayが、Syloのスマートウォレットを利用してBTCでコカ・コーラ製品を購入できる技術提供を発表しました。

 

————————————————-


ウェビナーについて

タイトル: Centrality Aaron McDonaldとMoonstake Shogo Ishidaが語るステーキングとその未来

日付と時刻:12月13日、日本時間15時~16時

開催言語:英語(日本語字幕付き)

スピーカー:

  • Moonstake アドバイザー Shogo Ishida
  • Centrality CEO 兼 Moonstake アドバイザー Aaron McDonald

主要なテーマとトピック:

  • メインネットに移行後のCENNZの動きについて
  • CENNZnetとは?他のブロックチェーンと比較と特徴?
  • Centralityのステーキングについて
  • コカコーラをCentrapayで買えることのメリットは?
  • これからの金融とは?CentralityとDeFiについて
  • ブロックチェーン がもたらす金融の変化について

ウェビナーはZoomで開催いたします。参加にはZoomにて、事前登録が必要ですので下記のリンクから登録してください。

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_64Hb3UEsSfCObz89Wfrq2g

————————————————-


Moonstake ウォレットについて:

ユーザーはMoonstakeウォレットを通じて、2,000以上のアセットの管理と、現在同時に7種類のコインのステーキングが可能となっており、CENNZのステーキングについても対応予定となります。

すでにMoonstakeウォレットでは、CENNZnetに移行したCENNZ、CPAYをデポジットするためのシステム導入が完了しております。「新しいアセットを追加」ボタンから、CENNZ及びCPAYのスワップ完了後に、スムーズにCENNZ、CPAYをデポジットすることが可能となっております。是非ダウンロードしてください。

デスクトップ版ウォレットのアカウント開設はこちら https://wallet.moonstake.io/sign-up

モバイル・アプリケーション版ウォレットのダウンロードはこちら
iOS:https://apps.apple.com/us/app/moonstake-wallet/id1502532651

Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=io.moonstake.wallet

Moonstake(ムーンステーク)について

Moonstakeは、アジア地域や世界規模で高まる需要に応えるため、ステーキングプール・プロトコル開発のために設立されました。Moonstakeはステーキングプールのプロトコルを開発し、パートナーや会社を通してサービスを提供していきます。

Moonstakeは、アジアにおいて最大ステーキングプールネットワークになることを目標としています。アジアを率いるエコシステムを構築していくためにEmurgo、Ontology、NEO、PundiX、Wanchain、Qurasらと、次々とメジャープロジェクトとのパートナーシップを拡大してきました。日本最大のブロックチェーンハブのBinarystar、シンガポールCatalist上場企業のOIO Holdings Limited (SGX: OIO)、と提携しています。アドバイザーには、世界的なプロジェクトのLISKや、プロジェクトの著名プレイヤーを迎えています。

8月のオペレーション本格化を機にビジネスを拡大し、11月時点での総ステーキング資産額は100億円に迫っています。

https://moonstake.io/ja/  

 

Centrality(セントラリティ)について

Centralityは、ニュージーランドに拠点を置く世界有数のフィンテックベンチャープラットフォームです。Centralityは、ニュージーランド政府の研究助成を受けており、デジタルアイデンティティをより手軽に、そして安全にするために民間と政府機関が一体となって取り組む組織「Digital Identity NZ」への参加を通じて、NZTechやSinglesourceなどと共に、ニュージーランド政府と分散型システムを利用したシステム作りに取り組んでいます。

https://centrality.ai/

 

Moonstakeをご利用いただきありがとうございます。

この度、Moonstakeステーキングプール運用について、本格始動してからおよそ3ヶ月、ステーキングボリュームの増加、ユーザー数の拡大を受け、従来ユーザーの皆様にご利用いただいておりました「メンバーシップ・プログラム」を大幅にグレードアップし、より多くの皆様に、たくさんの特典が受けられるようになりました。

 

▼Moonstakeのメンバーシップ・プログラムとは
ユーザーの皆様に、Moonstakeのステーキングを行っていただく方をご紹介いただくことで、ステーキング手数料の割引や、紹介報酬の受け取りといった特典が受けられるプログラムです。新規のユーザーを紹介いただくことで、様々な特典が受けられます。

 

▼Moonstakeのメンバーシップ・プログラムのレベルと特典、登録条件

メンバーシップには4つのレベルがあります。レベルによって受けられる特典と、登録のための必須条件が異なります。紹介報酬を受けるには、ゴールド以上のメンバーになる必要があります。

 

今回のアップグレードにより、無料会員の方にも、ステーキング紹介プログラムへの参加が可能になっております。ステーキング報酬は、ご紹介いただいた方が、ムーンステークウォレットにてステーキングを行う限り、バリデーター手数料に対し最大で10%が、継続的に発生します。詳しくは、下記「メンバーシッププログラム登録マニュアル」をご確認下さい。

 

 

今回のアップグレードにより、新たにプラチナ会員となられた方へも、引き続き特典が追加される予定です。

 

Moonstakeでウォレットを作成していただいた全てのユーザーさんは、ベーシックの登録が自動的に終わっています。登録条件に記入されているKYC基準を満たすことで、レベルアップすることが可能です。

 

11月16日より前にご登録いただきましたゴールド会員様(有料会員様)は、自動的に下記プラチナ会員に移行されます。アップデート後の(新)ゴールド会員は、無料で登録することができ、ステーキングユーザーの紹介報酬を受け取ることのできるリンクが発行できます。

 

▼Moonstakeのメンバーシップ・プログラムの参加方法

 

Step1 登録設定前の準備

Step2 ウェブ版ウォレットのアカウント登録の設定

Step3 ウェブ版ウォレットの初期設定

Step4 アフィリエイトリンクの発行

 

詳しくは下記マニュアルをご確認下さい。

メンバーシッププログラム登録マニュアル 

LINK:https://drive.google.com/file/d/1j6RSoSSH2pKzucUCOzoQYNbIDDQM5EXT/view?usp=sharing

 

※紹介コードを保有していない場合は下記に問合せ下さい。

メールアドレス:[email protected]

 

また、本アップグレードに伴い、メンバーシッププログラムへ参加いただく皆様向けのキャンペーンも開催いたします。

 

▼Moonstakeのメンバーシップ限定キャンペーン
総額100万円分のコインをプレゼント!!

◆ウォレットユーザー紹介キャンペーン 

キャンペーン内容:ステーキングユーザー紹介報酬に加え、「Moonstakeのメンバーシップ限定キャンペーン第一弾」を開催します。メンバー向けのキャンペーンとなり、下記内容にて、報酬の総額が50万円に達したら終了となります。


期間:2020年11月16日~

キャンペーン期間中にアフィリエイトにより、ウォレットアカウント登録ユーザー獲得いただいた方にETHをプレゼントします。

・アカウント登録1名につき1アカウントあたり、100円分のETH

・10名以上のアカウント登録につき1アカウントあたり、125円分のETH

・30名以上のアカウント登録につき1アカウントあたり、150円分のETH

◆ステーキングユーザー紹介キャンペーン 

キャンペーン内容:ステーキングアフィリエイト報酬に加え、キャンペーン第一弾が終了し次第、「Moonstakeのメンバーシップ限定キャンペーン第二弾」を開催します。下記内容にて、ユーザー紹介の報酬の総額が50万円に達したら終了となります。

キャンペーン期間中にアフィリエイトによりステーキングユーザーを獲得いただいた方にステーキング可能なコインをプレゼントします。第一弾のキャンペーンにて獲得したユーザーにステーキング方法などをレクチャーすることによりさらなる報酬を得ていただけるキャンペーンとなります。

アフィリエイトからご登録いただいたユーザーが、ステーキング可能なコインをMoonstakeウォレットから一定期間ステーキングいただいたアカウントを成果とし、下記内容にて、報酬の総額が50万円に達したら終了となります。

 

・ステーキングユーザーの獲得1アカウントあたり、250円分のコイン

・10名以上のステーキングユーザーの獲得1アカウントあたり、300円分のコイン

・30名以上のステーキングユーザーの獲得1アカウントあたり、350円分のコイン

※ステーキング可能なコインに関しては後日発表いたします。

 

下記WEB WALLET ACCOUNTの登録リンクとなります。

URL:https://wallet.moonstake.io/sign-up

 

たくさんのご参加をお待ちしております!

今後ともMoonstakeをよろしくお願いします。

Moonstake(ムーンステーク)は、イーサリアム2.0のブロックエクスプローラーであるBeaconScan(ビーコンスキャン)との共同ウェビナーを、11月17日シンガポール時間20時(日本時間21時)から開催いたします(英語のみ)。

BeaconScanは、Etherscan(イーサスキャン)を活用したイーサリアム2.0の専用ブロックエクスプローラーです。トランスアクションの追跡やウォッチリスト、ダッシュボード、マルチデバイスログインアクセスなど、Etherscanで用いられた機能が同様に提供されます。イーサリアム2.0の中で最初に独立した監視サービスです。

イーサリアム2.0は、イーサリアム・ブロックチェーンのアップグレードです。このアップグレードにより、イーサリアムネットワークの速度を向上させ、従来のスケーラビリティの問題を解決することを目的としています。また、これまでプルーフオブワーク(PoW)を採用していた従来のイーサリアムから、最終的にイーサリアム2.0はプルーフオブステーク(PoS)に移行します。

イーサリアム2.0は4つのフェーズ(段階)を経て完成予定ですが、その第1段階となる「フェーズ0」は年内にローンチ予定です。「フェーズ0」は、バリデータを管理しプルーフオブステークを実行するチェーンであるビーコンチェーンのローンチであり、ETHのステーキングによって実行されます。待望のイーサリアムのアップグレードにより、ブロックチェーン業界全体に与える影響は大きく、プルーフオブステークやステーキングへの注目も一層増しています。

今回の共同ウェビナーは、イーサリアム2.0を正しく理解する絶好の機会であるとともに、このアップグレードによって、ブロックチェーン業界の成長と発展を再認識するイベントとなります。奮ってご参加ください。

【共同ウェビナーの詳細】

タイトル: イーサリアム2.0 プルーフオブステークの全て

日付と時刻:11月17日、日本時間の午後9時(GMT + 9)

スピーカー:

  • Moonstake アドバイザー Shogo Ishida
  • BeaconScan コミュニティリーダーおよび教育部門担当  Harith Kamarul
  • BeaconScanソフトウェアデベロッパー Caleb Lau

主要なテーマとトピック:

  • イーサリアム2.0とは何か、イーサリアム1.0との違いは
  • ETHのステーキング市場規模について
  • プルーフオブステークについて/ステーキングの長所と短所(イーサリアム観点から)
  • イーサリアムのプルーフオブステークの技術的側面について
  • Moonstakeがイーサリアム2.0でステーキングユーザーをサポートする方法
  • 質疑応答(15分)

ウェビナーはZoomで開催いたします。参加には事前登録が必要ですので、下記のリンクから登録してください。

Zoom リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_cS7qsrtjQnCXHqQ-KGEZfg

Moonstakeについて

Moonstakeは、アジア地域や世界規模で高まる需要に応えるため、ステーキングプール・プロトコル開発のために設立されました。Moonstakeはステーキングプールのプロトコルを開発し、パートナーや会社を通してサービスを提供していきます。

Moonstakeは暗号資産保有者にとって活発的な環境を提供するアジアにおいて最大ステーキングプールネットワークになることを目標としています。アジアを率いるエコシステムを構築していくためにEmurgo、Ontology、NEO、PundiX、Wanchain、Qurasらと、次々とメジャープロジェクトとのパートナーシップを拡大しています。さらに、日本最大のブロックチェーンハブのBinarystar、シンガポールCatalist上場企業のOIO Holdings Limited (SGX: OIO)、と提携しています。アドバイザーには、世界的なプロジェクトのLISKや、プロジェクトの著名プレイヤーを迎えています。

https://moonstake.io/ja/

BeaconScanについて

BeaconScanは、Etherscan(イーサスキャン)を活用したイーサリアム2.0の専用ブロックエクスプローラーです。トランスアクションの追跡やウォッチリスト、ダッシュボード、マルチデバイスログインアクセスなど、Etherscanで用いられた機能が同様に提供されます。イーサリアム2.0の中で最初に独立した監視サービスです。

https://beaconscan.com/ 

Moonstake(ムーンステーク)は、韓国の主要なDeFiプロジェクトであるTZ Ventures、Takamak Network、Bifrostとの共同ウェビナー「アジアの『プルーフオブステークの潮流』と『DeFiの現在地と行先』」を、11月12日(木)日本/韓国時間21時から開催いたします(英語のみ)。

DeFi(分散型金融)の市場は過去1年で大きく成長し、この1年間でDeFiでロックされた暗号通貨の総額は6.4億ドル(約640億円)から123億ドル(約1兆2300億円)まで拡大しました。(https://defipulse.com/)

登壇者は、8月にMoonstakeがパートナーシップを締結したTZ Venturesを始め、Tokamak Network(トカマックネットワーク)のCEO  Kevin JeongとBifrost(ビフロスト)のCEO兼共同創設者  Dohyun Park(ドヒュン・パク)といった韓国の主要なDeFiプレイヤーばかりとなっており、多方面で注目を集めるDeFiについて、専門家の意見を聞くことのできる貴重な機会となります。ぜひ、奮ってご参加ください。

 

【ウェビナーについて】

タイトル: 「アジアの『プルーフオブステークの潮流』と『DeFiの現在地と行先』」

日付と時刻:11月12日 日本時間 午後9時(GMT + 9)

スピーカー:

  • Moonstake アドバイザーShogo Ishida
  • TZ Ventures ディレクター Jaywon Lee
  • TZ Ventures  サイエンティフィックアドバイザー Diego Olivier Fernandez Pons
  • Tokamak Network CEO  Kevin Jeong
  • Bifrost CEO兼共同創設者  Dohyun Park

主要なテーマとトピック:

東南アジアと韓国における現在のステーキングとDeFiのトレンド
・2021年にDeFi業界に予想される重要な出来事
・コミュニティがDeFiの将来に期待するもの
・優れたDeFiプロジェクトに重要な要素
・Q&Aセッション


ウェビナーはZoomで開催いたします。参加には事前登録が必要ですので、下記のリンクから登録してください。

Zoom リンク:https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_dqMBfbWgTaiBhiD9xvjluQ 

 

Moonstake(ムーンステーク)について

Moonstakeは、アジア地域や世界規模で高まる需要に応えるため、ステーキングプール・プロトコル開発のために設立されました。Moonstakeはステーキングプールのプロトコルを開発し、パートナーや会社を通してサービスを提供していきます。

Moonstakeは暗号資産保有者にとって活発的な環境を提供するアジアにおいて最大ステーキングプールネットワークになることを目標としています。アジアを率いるエコシステムを構築していくためにEmurgo、Ontology、NEO、PundiX、Wanchain、Qurasらと、次々とメジャープロジェクトとのパートナーシップを拡大しています。さらに、日本最大のブロックチェーンハブのBinarystar、シンガポールCatalist上場企業のOIO Holdings Limited (SGX: OIO)、と提携しています。アドバイザーには、世界的なプロジェクトのLISKや、プロジェクトの著名プレイヤーを迎えています。

https://moonstake.io/ja/ 

 

TZ Venturesについて

TZ Venturesは、Tezos上でアーリーステージのブロックチェーンスタートアップをインキュベートしています。彼らは、Tezos上で構築されたプロジェクトや、韓国でのエクイティファイナンスに着手するプロジェクトをサポートしています。主にTezos上でプロジェクトをインキュベートし、ブロックチェーン技術の実際のビジネスユースケースを構築することを目的としている。オフィススペース、技術サポート、メンタリング、マーケティング、パートナーシップ、資金調達など、スタートアップを支援する定期的なプログラムを運営しています。

https://www.tz.ventures/

 

Takamak Networkについて

Tokamak Networkは、高レベルのスケーラビリティと拡張性をサポートしながら、イーサリアムメインチェーンと同じ分散型で安全なプロパティを保証するプラットフォームです。 各Dappは、TokamakNetworkを介して特定の目的のために簡単に構築されます。

https://tokamak.network/

Bifrostについて

Bifrostは、ステーキングに流動性を提供するクロスチェーンネットワークです。 Substrateをベースに開発され、Polkadotネットワーク上で構築されています。 PolkadotエコシステムのDeFiプロジェクトとして、BifrostユーザーはいつでもBifrostプロトコルを介してPoSトークンをvTokenに交換し、ステーキング報酬と流動性を獲得できます。

https://thebifrost.io/

https://bifi.finance/

Moonstake(ムーンステーク)では、2020年10月26日から11月6日まで、「ウォレット乗り換えキャンペーン」を開催いたします。

対象期間内に、新規でMoonstakeのウォレットを使い始めた皆さんに、抽選で50名に1,000円分のETHをプレゼントいたします。

ムーンステークのウォレットは、他のウォレットとは一味違います!2,000以上のコインを一元保管でき、7つのメジャー暗号通貨のステーキングに対応した究極のウォレットです!取引所などの第三者に預ける必要もなく、セキュリティも非常に高いです。

今後、DeFiに繋がる最先端ウォレットに乗り換えるのに、いまが絶好のタイミング!ぜひ、この機会に、Moonstakeウォレットを使い、キャンペーンに参加してください!

ウォレット乗り換えキャンペーン
参加の2ステップ

ステップ1 Moonstakeウォレットにアカウントを開設

Moonstakeのウォレットにアカウントを開設します。
ウォレットには、デスクトップ版とモバイル・アプリケーション版があります。アカウントの開設(登録)は下記リンクより行って下さい。

 

デスクトップ版ウォレットはこちら

モバイル・アプリケーション版のダウンロードはこちら

 

 

ステップ2 Twitterもしくはメールから応募

応募方法には3つの手段があります。以下の3つから1つ選択して、応募してください

応募手段① Twitterで応募

応募手段② [email protected]で応募

応募手段③ メールで応募

応募手段①
Twitterで応募

(1) Moonstake公式Twitterアカウントをフォローし、キャンペーンツイートをリツイート

Twitterアカウント:

@moonstake

(2) Moonstake公式アカウントに以下2点をダイレクト・メッセージ(DM)

  • ・氏名
  • ・ウォレット作成時のメールアドレス

応募手段②
[email protected]で応募

(1) [email protected]にアクセス

[email protected]アカウント:

@https://lin.ee/O3v2unTG

上記[email protected]に、以下2点をダイレクト・メッセージ(DM)

  • ・氏名
  • ・ウォレット作成時のメールアドレス

応募手段③
メールで応募

[email protected] に以下2点をメールで送付

  • ・氏名
  • ・ウォレット作成時のメールアドレス

* 題名・件名は、「Moonstakeキャンペーン申込み」としてください

 

当選者の発表

当選者には、応募いただいた手段で当選のご連絡をさせていただきます。その際に、ETH受け取り用のアドレス(開設いただいたMoonstakeのウォレット内のETHアドレスになります)を確認させていただきます。

Moonstakeユーザーは、Harmony(ONE)を使用して、Moonstake Web Walletでステーキング報酬を獲得できるようになりました。 

 

Harmonyは、ステートシャーディングとピアツーピアネットワークにおける革新的技術を備えた処理速度の速いブロックチェーンです。 Harmonyのシャーディングでは、安全な証拠証明と分散ランダム性を使用し、ネットワーク内で最適なクロスシャードルーティングと高速なブロック生成を実現します。 現在、合計320個のオープンバリデータスロットがあり、各シャードに80個存在し、新しいブロックを検証しています。

 

Moonstakeは現在Cosmos、IRISnet、Ontology、Tezosのステーキングをサポートしており、Harmonyはステーキングが可能になった5番目のコインになります。 各コインはMoonstake Mobile Wallet(iOS / Android)で利用可能であり、Harmonyは間も無くMoonstake Mobile Walletにも追加されます。

 

【ステーキング方法について】

 

Harmonyのステーキング手順は次の通りです。

1.MS Webウォレット登録(https://wallet.moonstake.io)※新規ユーザーの場合

2.「新しいアセットを追加」でコインを追加

  1. シャード0のウォレットにONEを送信します

* ONEをお持ちでない場合、ONEは主要な取引所またはDeFi接続ウォレットで購入できます

4.「ステーキング」を選択します。なお、最小ステーキング額は1,000 ONEです

 

※Harmonyのステーキングルールとして、ステーキングによる報酬は、HarmonyコインのONEとなります。

*アンステークすると、ONEは概ね1.5日間ロックされます。ロック期間はHarmonyプロトコールよって定められます。このロック期間は、プロジェクトによって異なり、それぞれのプロトコールのルールによって異なります。

 

MoonstakeとHarmonyは今年、戦略的パートナーシップを結び、共同でマーケティング活動を行っていくことに同意しました。 Moonstakeは今後Harmonyと共にイベントをいくつか開催し、詳細についてはソーシャルメディア等で投稿されます。また最近、Moonstakeは、Singapore Fintech AssociationとBlockchain Association Singaporeの正式メンバーとなりました。これらの加盟が、ステーキングのサポートプロジェクトのコミュニティ育成や、エコシステムの拡大に貢献していくことになります。

 

Moonstakeについて

Moonstakeはローカル、そしてグローバルブロックチェーン市場での要求を満たすため、ステーキングプールプロトコールを開発するために設立されました。ステーキングはプルーフオブステーク(PoS)をコンセンサスアルゴリズムとして取り入れることにより暗号資産保有者がブロック検証から得られるブロック報酬率を増やします。Moonstakeはステーキングプールのプロトコールを開発し、パートナーや会社を通して企業サービスを提供していきます。ステーキングはブロックチェーン技術を高めると考えられています。

 

Moonstakeはアジアにおける最大ステーキングプール・ネットワークに創ることを目標としています。Moonstakeのパートナーシップは、分散型台帳技術(DLT)エコシステムに貢献し、先進的なプラットフォームとの繋がりを作る一歩になります。共にアジアを率いるエコシステムを構築していくためにOntologyNEO、日本最大のブロックチェーンハブのBinarystar、シンガポールCatalist上場企業のOIO Holdings Limited (SGX: OIO)QurasPundi X、Wanchainとのパートナーシップの発表をしました。更にLiskEthikom Consultancyの最高経営責任者(CEO)であるMr. Nizam Ismail、 Harmonyのマーケティング責任者のMr. Garlam Won等業界で評判のある方々をアドバイザーとして迎えました。

https://www.moonstake.io/

Harmonyについて

Harmonyは、ステートシャーディングとピアツーピアネットワークにおける革新的技術を備えた処理速度の速いブロックチェーンです。 Harmonyのシャーディングでは、セキュアな証拠証明と分散ランダム性を使用し、ネットワーク内で最適なクロスシャードルーティングと高速なブロック生成を実現します。

Harmonyは、企業が代替可能なトークン(エネルギークレジットやポイントなど)と非代替資産(ゲームの収集品や不動産など)の市場を構築するのに役立ちます。

また消費者のプライバシーを保護しながら、データ共有にゼロ知識証明を適用しています。一般的な業界のユースケースには、アドエクスチェンジ、信用格付け、その他の多くのデータコンソーシアムが含まれます。

 

直近のニュースとしてはHarmonyはBinanceに上場し、Day ONE Mainnetをローンチしました。

https://www.harmony.one/

Alex Hui, COO and Director of Moonstake, speaks at Token Economist, one of the leading cryptocurrencies/blockchain media in Japan. Writing contributors to Token Economist include major industrial players.

 

Alex explained Moonstake’s activities as well as prudent prospects in PoS and potential business opportunities on the top of the staking technology.

 

For full text, please visit their site (Only available in Japanese).

https://www.token-economist.com/2020/05/06/moonstake-alex-hui-interview/

Alex Hui, Director at Moonstake, appeared in a series of Podcast episodes by Tokyo FinTech with Haichao Zhu, Associate Director at the Algorand Foundation hosted by Norbert Gehrke, Founder of Tokyo FinTech.Alex and Haichao had an exciting session about the proof-of-stake and its enormous potential to support the growing blockchain industry.

Besides, Alex, representing Moonstake, explained the company’s decent plan to build a pan-Asian staking business and answered the question why Moonstake focused on the Proof-of-Stake rather than Proof-of-Work mining pool. Whereas, Haichao of Algorand, an open source public blockchain based on a pure proof-of-stake consensus protocol, talked about its PoS protocol, the features of Algorand 2.0, and recent developments.

The podcast is available at the following link;
https://podcasts.apple.com/us/podcast/episode-25-algorand-moonstake/id1497776730?i=1000471629816