Moonstakeは、ユーザーがORBSトークンを新たなチェーン上でステーキングすることで、報酬を得ることができるようになったことを発表します。Moonstakeウォレットでは、今回のアップデートで、ウェブ版・モバイル版ウォレットにて、イーサリアムとポリゴンネットワークの両方でORBSを保有、送信、受信、およびステーキングすることができるようになりました。

 

2022年4月、MoonstakeはPolygonチェーンのサポートを開始し、MATICコインだけでなくMATICトークンを管理、送受信する機能を実装しました。2021年3月以来、Orbs Networkとの戦略的パートナーシップによるOrbs Universeの公式ガーディアンとして、私たちのコミュニティのみならず、世界中のORBSユーザーに様々なアプローチをしてきました。今回のPolygonネットワークのサポートにより、さらに多くのORBSユーザーにORBSマルチチェーンステーキング体験を提供します。

 

Moonstakeは、アジアで最大のステーキングネットワークを作ることを目的として、2,000以上の暗号通貨に対応した最もユーザーフレンドリーなウェブウォレットとモバイルウォレット(iOS / Android)を開発し、2020年8月より、ステーキング事業を本格的に開始しました。その後の実績としてMoonstakeのステーキング資産総額は10億ドルに達するまでに急成長し、Moonstakeは世界トップ10ステーキングプロバイダーの1つになることができました。昨年3月より、Moonstakeは新たに立ち上げたDeFiプラットフォームであるMuse.Financeと共にDeFiにも参入し、Muse.FinanceはMoonstakeプラットフォームに統合する予定のコアDeFi製品をリリースし、世界中のユーザーに対して高度なDeFi接続を可能にする予定です。

 

一方Orbsは、先日EVMおよび非EVMブロックチェーンとの相互運用性のために設計されたOrbsの独自機能を活用し、ベースブロックチェーンレイヤーとアプリケーションレイヤーの間で動作する独立した分散型実行レイヤーとしてOrbs 3.0をリリースしています。

Orbsネットワークは、手数料の決済に使用され、Proof-of-Stakeコンセンサスを用いたガーディアン(Orbs検証者)選出のためのインセンティブシステムを提供するORBSトークンによって運営されており、Ethereum、Binance Smart Chain、Polygon、Solana、Avalanche、Fantom、Harmony、Cronosの8つの主要チェーンで利用することができます。Polygonネットワークへのプロトコルの拡張は、Web3ビルダーにとって非常に重要です。Polygonは、業界最大のブロックチェーンの1つであるEthereum上のレイヤー2プロジェクトとして、融資プラットフォーム『Aave』などのDeFiプロジェクトから高級ブランド企業ドルチェ&ガッバーナ、OpenSeaやマーク・キューバンのLazy.comなどのNFTマーケットプレイスまで多数の大型プロジェクトが存在し、開発者エコシステムとしては7,000以上のDAppsを誇っています。

 

PolygonにOrbsをステーキングすることは、Ethereumスタックが提供する利点を生かし、スケーラビリティと低手数料、高いセキュリティを実現するとともに、ユーザーが好きなチェーンでステーキングを行い、ステーキング報酬を得られる柔軟性も魅力の1つです。

 

Moonstake ウォレットでORBSをステーキングする方法

 

Moonstake WalletでORBSをステーキングするための簡単な3ステップを紹介します。

 

1.Moonstakeのウェブ版ウォレットを登録します。

2.ウォレット画面から、PolygonのORBSを選択します。

3.ステーキング情報を確認し、「ステーキング」ボタンをクリックし、ステーキングする金額とウォレットパスワードを入力し完了です。

 

ORBSのステーキングの仕組み

 

ORBS Tokenを保有し、ステーキングのための最低額はありません。

ロックアップに同意し、ORBSをステーキングする。

取引にかかる手数料(ガス代)は、イーサリアムでのORBSのステーキングのようにETHではなく、ポリゴンのMATICトークンで行われます。

 

ORBSのステーキングの報酬を得る方法

アクティブなガーディアンに委任したトークン保有者は、そのステーキングに比例して報酬を得ることができます。年間報酬は、Delegatorsがステークしたトークンの最大6.67%です。

 

* DelegatorsはORBSトークンの保有者で、Guardianに投票権(ステーク)を割り当て、セキュリティを維持し、エコシステムの長期的なビジョンを支持する権限を与えるものです。

 

ORBSアンステーキングの仕組み

トークン所有者が現在ステーキングされている資産を送りたい場合、まずその資産をステーキング解除する必要があります。ステーキング解除には、14日間の時間を要しすぐにトークンを送ることはできません。このトークンを送金できない期間を「ロック期間」と呼びます。

 

ORBSのステーキング機能をPolygonに拡張することは、Moonstakeが世界中のクリプトユーザーにさらなる選択肢と価値を提供し続ける中で、ステーキングの採用を促進するためのもう一つのステップであり、パートナーのOrbs Networkとの密接な協力関係は、ユーザーに満足のいくステーキング体験を提供することになるでしょう。これまでにもOrbsユーザー向けにウェビナーやクイズ、プレゼントなどのキャンペーンを開催してきましたが、今後もより価値のあるプログラムを企画していきます。今後もORBSの最新情報にご期待ください。

 

Moonstakeについて

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

 

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoを構成するEmurgo、Polkadotと連携するブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5,000万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど、27社の大手プラットフォームプロバイダーとパートナーシップを組んでいます。2021年5月、Moonstakeはシンガポール証券取引所に上場しているOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めています。

 

Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。

 

Moonstakeのステーキングビジネスについて

 

2021年9月時点で6,300億円の市場に成長したステーキング業界に対し、Moonstakeはユーザーの預金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデータノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、16のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、グローバルなユーザー基盤を持ち、同年6月には全世界の1万以上のプロバイダーの中で3位にランクインしています。

 

https://www.moonstake.io/ 

 

Orbsについて

 

Orbsネットワークは、Proof-of-Stake(PoS)コンセンサスを使用するパーミッションレスのバリデーターの安全なネットワークによって実行されるオープン、分散型、パブリックブロックチェーンインフラストラクチャです。

Orbsは、既存のL1/L2ソリューションとアプリケーションレイヤーの間で動作する独立した分散型実行レイヤーとして設定されており、階層型のブロックチェーンの一部として、流動性を新しいチェーンに移行させることなく利用できます。Orbsは「分散型バックエンド」として機能し、既存のスマートコントラクトの機能を強化し、Web 3.0、DeFi、NFT、GameFiの全く新しい可能性を切り開くことができます。

 

Orbsは2017年に設立され、2019年3月にメインネットとトークンをローンチしました。また、30人以上の専門チームによって開発されており、ロンドン、シンガポール、東京、ソウル、テルアビブ(イスラエルの都市)にオフィスを構えています。

 

https://www.orbs.com/ 

 

Polygonについて

 

Polygonは、イーサリアムのスケーリングとインフラストラクチャ開発のための主要なプラットフォームの一つです。Polygonは拡大を続けており、開発者はスケーリングおよびインフラストラクチャーソリューションとして、レイヤー2ソリューション(ZKロールアップとOptimisticロールアップ)、サイドチェーン、ハイブリッドソリューション、スタンドアローンおよびエンタープライズチェーン、データ利用可能に関するソリューションに簡単にアクセスすることができます。

 

Polygonのスケーリングソリューションは、7,000以上のアプリケーションのホスティング、10億以上の総トランザクション処理、1億以上のユニークユーザーアドレス、50億ドル以上の資産のロックなど、広く利用されています。

 

https://polygon.technology/ 

Moonstakeは、新たにOasis Network(ROSE)のステーキングサポートを開始します。Moonstakeウォレットでは、今回のアップデートで、ウェブ版ウォレットでEVERの送受信、ステーキング機能の実装、EVERのステーキングと報酬の受取り機能を実装しました。これによりCosmos, IRISnet, Ontology, Harmony, Tezos, Cardano, Qtum, Polkadot, Quras, Centrality, Orbs, IOST, TRON, Shiden, FIO及びEVERの後、ROSEはMoonstakeで利用できる17番目のステーキングコインとなりました。

 

Moonstakeは、アジアで最大のステーキングネットワークを作ることを目的として、2000以上の暗号通貨に対応した最もユーザーフレンドリーなウェブウォレットとモバイルウォレット(iOS / Android)を開発し、2020年8月より、ステーキング事業を本格的に開始しました。その後の実績としてMoonstakeのステーキング資産総額は10億ドルに達するまでに急成長し、Moonstakeは世界トップ10ステーキングプロバイダーの1つになることができました。昨年3月より、Moonstakeは新たに立ち上げたDeFiプラットフォームであるMuse.Financeと共にDeFiにも参入し、Muse.FinanceはMoonstakeプラットフォームに統合する予定のコアDeFi製品をリリースし、世界中のユーザーに対して高度なDeFi接続を可能にする予定です。

 

一方、Oasis Networkは、オープンファイナンスと責任あるデータ経済のためのプライバシー対応ブロックチェーンプラットフォームです。高い処理能力と安全なアーキテクチャを兼ね備えたOasis Networkは、プライベートでスケーラブルなDeFiを実現し、オープンファイナンスに革命を起こし、トレーダーやアーリーアダプターの範疇を超え、マスマーケットに拡大させることが可能となるでしょう。Oasis NetworkのネイティブトークンであるROSEは、ステーキングと取引手数料の支払いに使用されます。このネットワークは、Web3の次世代基盤を提供し、DeFi、GameFi、NFT、Metaverse、Data tokenization、Data DAOsをパワーアップさせることを目的としています。

 

Moonstake WalletでROSEをステーキングする方法

 

Moonstake WalletでROSEをステーキングするための簡単な3ステップを紹介します。

 

  1. Moonstakeのウェブ版、モバイル(iOS / Android)版ウォレットを登録します。
  2. 「ウォレット」画面からROSEを選択し、「アセット追加」ボタンをクリックします。
  3. ROSEの画面にアクセスし、ステーキング情報を確認します。ステーキングタブから「ステーキング」ボタンをクリックし、ステーキングする金額とウォレットパスワードを入力し完了です。

 

ROSEステーキングの仕組み

ROSEを保有いただき、ROSEには、最低ステーキング金額の設定はありません。

ロックアップに同意し、ROSEをステーキングする。

 

ROSEステーキングのリワードを得る方法

報酬はROSEで与えられ、約1時間ごとのエポック毎に受取ることができます。

 

報酬は自動的に分配され、再ステーキングされます。

※使用するためにはアンボンド(unbonded)する必要があります。

 

ROSEのアンステークの仕組み

Oasis Networkには、14日間のアンステーキング(ステーキング解除)期間があり、その間、あなたのトークンはステーキング報酬を得ることができず、譲渡することもできません。

 

Moonstakeは、Oasis Networkと統合し、ユーザーにROSEのステーキングに満足のいく経験を提供できることを嬉しく思います。Oasisユーザーに対する当社の将来のコミュニティ報酬プログラムも楽しみにしてください。

 

Moonstakeについて

 

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

 

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoの構成要素であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5000万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど27社の大手プラットフォームプロバイダーとパートナーシップを組んでいます。2021年5月、Moonstakeはシンガポール証券取引所に上場しているOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めています。

 

Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。

 

https://www.moonstake.io/    

 

Moonstakeのステーキングビジネスについて

 

2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対し、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデーションノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、12のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、全世界のユーザー基盤を有し、同年6月には全世界の1万以上のプロバイダーの中で3位にランクインしています。

 

Oasisについて

Oasisはプライバシー機能が実装できるスケーラブルなレイヤー1ブロックチェーンネットワークのリーディングカンパニーであり、高いスループットと低いガス料金を安全なアーキテクチャと組み合わせて、Web3の基盤として、DeFi、GameFi、NFT、Metaverse、Data tokenization、Data DAOsの動力源となります。OasisはWeb3を前進させ、その規模を拡大し、幼年期から成熟期へと進化させることでしょう。Oasisは、直近でネットワーク上に構築するプロジェクトを支援する2億ドルのエコシステム基金を発表し、Binance、BMWグループなどとのCryptoSafeアライアンスなど、フォーチュン500のいくつかのパートナーシップを締結しています。データプロバイダーの大手である『Messari』によると、OasisはトップVCによる投資額ベスト2のブロックチェーンの1つであり、業界で最も急成長している開発者ネットワークの1つであるとのことです。

 

https://oasisprotocol.org/ 

今回は、Moonstakeのステーキングコインの一つを探る101回目の記事へようこそ。今回は、FIOプロトコルとそのネイティブコインFIOを取り上げます。

 

FIOとFIOプロトコルの簡単な紹介

 

FIO(Foundation for Interwallet Operability)は2020年に設立され、あらゆる種類のトークンやコインについて、より簡単で安全な暗号資産取引を可能にすることを目的としています。FIOプロトコルは、暗号資産のユーザー体験が複雑化しないように設計されており、暗号資産ユーザーの獲得に必要な特徴となっております。既存で利用される長い複雑なアドレスは、「[email protected]」のようなユーザーがカスタマイズしたFIO Crypto Handlesに置き換えることが可能となります。、これにより、分散型の送受信および支払い要求(請求書、注文カートなど)、クロスチェーンのエンドツーエンド暗号化メタデータ(これらの請求書、注文カートなどの情報)がより直感的に行えるようになります。

 

FIOプロトコルは、Delegated Proof-of-Stake (DPoS)を利用してネットワークのコンセンサスを得ることができます。ブロックプロデューサー(BP)は、FIOトークンを保有するユーザーによって、オンチェーン投票によって選ばれます。BPは誰でも登録することができ、十分な投票数を獲得すればブロックを生成することが可能となります。

 

FIOの技術的マイルストーンとMoonstakeがFIOをサポートする理由とは?

 

2019年11月、FIOはテストネットを立ち上げ、ウォレット、取引所、支払いプロセッサーに、メインネットの立ち上げに先立ってFIOプロトコルを完全に統合する機会を提供します。

2020年3月、FIOプロトコルのメインネットが開始され、21以上のブロックプロデューサーのコミュニティによって活性化されました。

2020年7月、FIOは、電子商取引技術プラグインの概念実証として機能するオンラインストアを開始しました。

 

  • 2021年1月までに、FIOは全世界で10万を超えるアドレスの登録を達成しました。
  • 2021年10月、FIOは、ウォレット、取引所、暗号アプリケーション間でのFIOプロトコル統合を加速させるため、500万ドルのインテグレーター助成金プログラムを開始しました。
  • 2021年11月、FIOはUnique.oneのNFTマーケットプレイスとの統合によりFIO NFT Signaturesを導入し、あらゆるブロックチェーンで作成されたNFTを保護するようになりました。
  • 2022年1月、FIOはFIOコインのステーキング機能を正式に開始し、同時にFIOのアクティベーション日を2022年2月22日に設定し、アーリーアダプターが早期アクセスレートで収入を得ることができるようにしました。

 

これらの重要なマイルストーンに基づき、FIOは非常に有望なコインであり、さらにFIOプロトコルは素晴らしいコミュニティと価値ある製品のエコシステムが繁栄している革新的なブロックチェーンプロジェクトであることがわかります。このため、FIOはMoonstakeで利用できるPoSコインのラインナップに魅力的かつ戦略的に追加され、Moonstakeは公式パートナーシップを通じて2022年2月からFIOのステーキングをサポートしています。

 

FIOのステーキングとアンステーキングはどのように行われるのですか?

他のPoSコインと同様に、使われていないFIO資産をステーキングして報酬を得ることができます。FIOプロトコルでのステーキングは、ネットワークのバリデーターを選ぶノミネーターになることで、ネットワークの運用(ブロックの検証)に参加する仕組みとなります。

 

FIOトークンはステーキングされている間、自身のウォレットに残ったまま、ステーキング報酬を得ることができます。FIOトークンのステーキングユーザーは常にプラスのリターンを得ることができます。つまり、ステーキングを解除すると、ステーキングした数よりも多くのFIOトークンが戻ってくるということです。一方、トークン保有者が現在ステーキングされるアセットを送りたい場合は、まずアンステークする必要がありアンステークされたトークンはロックされ、7日間使用できなくなります。

 

FIOのステーキングでリワードを得る方法

報酬はFIOトークンで付与され、ユーザーは報酬を請求する必要があります。

 

Moonstake WalletでFIOをステーキングする方法

Moonstake WalletでFIOをステーキングするための簡単な3ステップを紹介します。

 

  1. ウェブまたはモバイル(iOS / Android)でMoonstakeウォレットを登録する。
  2. 「ウォレット」画面からFIOを選択し、「アセット追加」ボタンをクリックします。
  3.  FIOの画面にアクセスし、ステーキング情報を確認します。ステーキングタブから「ステーキング」ボタンをクリックし、ステーキングする金額を入力し、ウォレットパスワードを入力し完了です。

 

MoonstakeでFIOを使用する方法についての完全ガイドを確認するか、FIOのステーキング方法についての公式ガイドビデオを参照してください: https://www.youtube.com/watch?v=3-4jSMs1LNs 

 

参考文献 

https://research.binance.com/en/projects/fio-protocol 

https://medium.com/fio-blog/fio-staking-prepared-for-launch-january-2022-fb288b72b 

https://fioprotocol.medium.com/100-000-new-address-registrations-4eb8aa398403 

https://medium.com/fio-blog/unique-one-integrates-fio-nft-signatures-to-help-artists-prevent-forgery-protect-permanence-58360f33b6e8 

https://medium.com/fio-blog/foundation-for-interwallet-operability-fio-launches-5m-integrator-grant-program-b933c09a75dc 

 

Moonstakeについて

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoの構成要素であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5000万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど27社の大手プラットフォームプロバイダーとパートナーシップを組んでいます。2021年5月、Moonstakeはシンガポール証券取引所に上場しているOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めています。

Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。

https://www.moonstake.io/

   

Moonstakeのステーキングビジネスについて

2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対し、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデーションノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、12のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、全世界のユーザー基盤を有し、同年6月には全世界の1万以上のプロバイダーの中から3位にランクインしています。

 

FIOプロトコルについて

Foundation for Interwallet Operability (FIO) は業界コンソーシアムで、主要なウォレット、取引所、暗号決済プロセッサー、その他様々な団体やコミュニティメンバーで構成され、FIOプロトコルを通じてブロックチェーンのユーザビリティを追求することに専念しています。

FIOのビジョンは、コミュニティとブロックチェーンエコシステムに導かれた分散型自律コンソーシアム(DAC)として運営されることです。私たちは、FIOプロトコルの定義に協力し、ブロックチェーンのユーザビリティを向上させるためのフィードバックを提供するために、すべての人が参加することを推奨します。当財団は、「オープンと透明性」、「コミュニティの多様性」、「公平性」を重視しています。

https://fioprotocol.io/

Moonstake announced today it will implement support for the popular Polygon Network. With this update, Moonstake Wallet users can now send, receive, and own MATIC coin as well as MATIC tokens on both the web and mobile versions. This update also enables support for sending, receiving, and holding ORBS on Polygon. Furthermore, Moonstake is considering supporting the staking of ORBS on Polygon Network, since the staking platform currently already supports ORBS staking on Ethereum. This will enable users to earn via multi-chain staking of ORBS on both blockchains through a single safe and user-friendly staking platform.

 

Moonstake launched its staking business in 2020 with the aim to create the largest staking network in Asia. Since then, it has developed the most user-friendly Web Wallet and Mobile Wallet (iOS / Android) with support for over 2,000 cryptocurrencies. Currently, Moonstake supports 16 high-demand staking coins: Cosmos, IRIS, Ontology, Harmony, Tezos, Cardano, Qtum, Polkadot, Quras, Centrality, Orbs, IOST, TRON, Shiden, FIO, and EVER, as well as ERC-721 and Cardano NFTs. After a full-scale operation launched in August 2020, Moonstake’s total staking assets have grown rapidly to reach $1.8 Billion and by June 2021, Moonstake was the third best staking provider in the world out of 15,000 staking providers worldwide. In March 2021, the company entered DeFi with Muse.Finance, a DeFi platform, and will continue to expand into the DeFi business.

 

Meanwhile, Polygon is a decentralized Ethereum scaling platform that enables developers to build scalable user-friendly dApps with low transaction fees without ever sacrificing on security. Polygon effectively transforms Ethereum into a full-fledged multi-chain system (aka Internet of Blockchains) akin to other ones such as Polkadot, Cosmos, Avalanche etc with the advantages of Ethereum’s security, vibrant ecosystem and openness. The ecosystem’s token, MATIC, provides robust security as well as enables governance. Polygon is one of the market’s biggest blockchains for Web3 builders, boasting over 7,000 DApps in its developer ecosystem which features numerous big names – from DeFi projects such as lending platform Aave to luxury brands company Dolce & Gabbana and NFT marketplaces including OpenSea and Mark Cuban’s Lazy.com.

 

As a world-leading staking provider, Moonstake is looking forward to offer new, excellent user experiences and exciting opportunities to the Polygon ecosystem users through this integration.

 

About Moonstake

Moonstake is the world’s leading staking service provider that develops and operates decentralized wallet services for businesses and individuals.

 

Since its launch in April 2020, Moonstake has partnered with 28 leading platform providers, including Cardano’s constituent Emurgo, developer of the Polkadot-connected blockchain Astar Network Stake Technologies, and the TRON Network with over 50 million users. In May 2021, Moonstake further enhanced its corporate credibility by becoming a wholly owned subsidiary of OIO Holdings Limited, a company listed on the Singapore Stock Exchange.

 

Using blockchain technology, Moonstake aims to progress toward a world where anyone can easily make use of highly secure and reliable digital asset management tools.

 

About Moonstake’s staking business

 

For the staking industry, which has grown into a 630-billion dollar market as of September 2021, Moonstake provides a decentralized staking service that does not require user deposits, and supports nodes around the world in addition to its own validator nodes. Moonstake currently supports the staking of 16 blockchains. With a total staking assets of 1.8 billion USD and a global user base, the company ranked third out of more than 10,000 providers worldwide in June of the same year.

 

https://www.moonstake.io/ 

 

About Polygon

Polygon is the leading platform for Ethereum scaling and infrastructure development. Its growing suite of products offers developers easy access to all major scaling and infrastructure solutions: L2 solutions (ZK Rollups and Optimistic Rollups), sidechains, hybrid solutions, stand-alone and enterprise chains, data availability solutions, and more. Polygon’s scaling solutions have seen widespread adoption with 7000+ applications hosted, 1B+ total transactions processed, ~100M+ unique user addresses, and $5B+ in assets secured.

 

If you’re an Ethereum Developer, you’re already a Polygon developer! Leverage Polygon’s fast and secure txns for your dApp, get started here.

https://polygon.technology/

2021年は暗号資産市場において飛躍的な1年となりました。世界中でデジタル資産、NFTをはじめとするブロックチェーン技術が使われたマーケットの成長とテクノロジーの導入において大きな変革をもたらしました。私たちMoonstakeも怒涛の1年を過ごしました。世界中のユーザーとパートナーのサポートのおかげで、Moonstakeは世界のステーキングプロバイダーのトップランキングにノミネートされ、ステーキング資産の総額は18億ドルに達しました。2022年を迎え、Moonstakeとパートナーは、Moonstakeのプラットフォームのスケールアップと進化に伴い、多くのエキサイティングなニュースやプログラムをお届けしていきます。年始に際し、2022年のパートナーの最新情報や期待されるアップデートを、戦略的パートナーと共同で連載していきます。今回はPolkadot(DOT)についてご紹介します。

 

2020年1月現在、MoonstakeはPolkadotの代表的なノードオペレーターであるRockXとの戦略的パートナーシップにより、DOTステーキングをサポートしています。以来、Moonstakeは、Polkadotのエコシステムの認知度を高めると同時に、DOTステーキングをグローバルユーザーに促進するため、ウェビナーやプレゼントなどのキャンペーンを多数開催しています。その後Moonstakeは、Polkadot上の主要なDAppsハブであるAstar Networkと提携し、他のパラチェーンとのエコシステムのサポートを拡大することにも成功しました。

 

2021年、Polkadotは2つのRelay-chainネットワークでParachains、Slot Auctions、Crowdloansを展開し、多くの主要な開発マイルストーンを達成しました。年明け早々にKusamaのParachianが稼働し、同年12月にはPolkadotのParachianが稼働しており、両者とも稼働後にパラチェーン上で、多くのプロジェクトローンチを成功させました。

 

また、ネットワークがサポートできるノミネーターアカウント数は、2020年末の6,000からピーク時には22,000と3倍に増加しました。さらにPolkadotは、パンデミックによる混乱の下でもグローバルなPolkadotコミュニティを育成するために、オンラインとオフラインの双方向で世界各地380以上のミートアップやカンファレンスを開催してきました。最も注目すべきは、Polkadotがヨーロッパ最大の通信会社であるDeutsche Telekomから支援と支持を受けたことで、現在、同社のインフラを使用しPolkadotパブリックブロックチェーンネットワークにバリデーターとして参加しております。

 

2022年に向けて、Polkadotはネットワーク上でパラチェーンスロットの稼働数を拡大することに注力しており、最終目標は合計100パラチェーンスロットとなる予定です。またプロジェクトは、さらに多くのイベント、ハッカソン等を通じて、エコシステムのための強固な開発コミュニティの構築に向けた取り組みを進めています。これは、技術的な成果とユーザビリティの面でエコシステムをより高みへと押し上げるだけでなく、Polkadotのユーザーベースを拡大し、価値の高いエコシステムを求める投資家の関心を集める方法でもあります。

 

Moonstakeは、Polkadotのエコシステムを拡大するためにAstarの戦略的パートナーとなったことを誇りに思います。私たちは、成長・発展を続けるPolkadotエコシステムへの強力なサポートを維持し続け、2022年に世界中のDOTおよびクリプトユーザーにさらに大きな価値をもたらし、PolkadotおよびMoonstakeエコシステムの採用を共に加速させることができるようにしたいと考えています。

 

Moonstakeについて

 

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

 

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoの構成銘柄であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5000万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど28社の大手プラットフォームプロバイダーと提携しています。2021年5月、Moonstakeはシンガポール証券取引所に上場しているOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めています。

 

Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。

 

Moonstakeのステーキングビジネスについて 

 

2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対し、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデーションノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、16のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、グローバルなユーザー基盤を持ち、同年6月には全世界の1万以上のプロバイダーの中で3位にランクインしています。

 

https://www.moonstake.io/ 

 

Polkadotについて

 

Polkadotは、ユーザー主導の分散型ウェブの構築を実現していくブロックチェーンです。

プライベートチェーン、コンソーシアムチェーン、パブリックネットワーク、パーミッションレスネットワーク、オラクル、そしてまだ生まれていない未来のテクノロジーをつなぐために構築されています。Polkadotは、独立したブロックチェーンがPolkadotリレーチェーンを介して、情報のやりとりやアセットの交換を信頼できる形で実現させるためのテクノロジーです。

 

Polkadotは、分散型アプリケーション、サービス、新たな組織の構築、そして他のブロックチェーンとの接続をこれまで以上に容易にします。イノベーターがより良いソリューションを構築できるようにすることで、従来の監視的なウェブの在り方からの脱却を目指します。

 

https://polkadot.network/ 

 

Astarについて

 

Astar Networkは、PolkadotのWASM + EVMのスマートコントラクトハブとしてNo.1のブロックチェーンです。2022年1月にパラチェーンオークション以来、Astar NetworkはTotal Value Lockedと最も多くのイーサリアムを移管した点でPolkadotエコシステムのトップパラチェーンになっています。Astar Networkは、PolkadotエコシステムとEthereum、Cosmos、およびすべての主要なレイヤー1ブロックチェーンを接続する、主要なスマートコントラクトのハブとなっています。Astar Networkは、複数の仮想マシン(WASMおよびEVM)を使用したdAppをサポートし、Web3の開発者が安全でスケーラブルかつ相互運用可能なブロックチェーンの上に構築するための高水準な技術ソリューションと金銭的インセンティブをBuild2EarnおよびAstar Incubation Programを通じて提供しています。

 

https://astar.network/ 

2021年は暗号資産市場において飛躍的な1年となりました。世界中でデジタル資産、NFTをはじめとするブロックチェーン技術が使われたマーケットの成長とテクノロジーの導入において大きな変革をもたらしました。私たちMoonstakeも怒涛の1年を過ごしました。世界中のユーザーとパートナーのサポートのおかげで、Moonstakeは世界のステーキングプロバイダーのトップランキングにノミネートされ、ステーキング資産の総額は18億ドルに達しました。2022年を迎え、Moonstakeとパートナーは、Moonstakeのプラットフォームのスケールアップと進化に伴い、多くのエキサイティングなニュースやプログラムをお届けしていきます。年始に際し、2022年のパートナーの最新情報や期待されるアップデートを、戦略的パートナーと共同で連載していきます。今回はShiden Network(SDN)についてご紹介します。

 

SDNは、Shiden Networkを構築するために使用されるネイティブトークンとなり、同一のコードベースを使用している姉妹ネットワークであるAstar Networkとの戦略的パートナーシップにより導入されたMoonstakeがサポートするコインの1つです。

 

2021年11月以来、我々はMoonstakeステーキングプールでSDNのネイティブステーキングのサポートを行い、25を超えるアプリケーションを持つShiden DAppにおいて、DApps ステーキングにも対応しています。Moonstakeは、Shiden Networkの世界初のバリデーターの1つであり、今後もパートナーとして彼らの発展に貢献していける様、様々な取り組みを行います。

 

Shiden Networkは、Astar Networkの姉妹ネットワークとして2021年8月に立ち上げられ、DeFi、NFTなどの高度なブロックチェーンアプリケーションを可能にするスマートコントラクトレイヤーとして機能しています。発足以来、ShidenはAstarとビルダープログラムを開催し、ネットワーク上で優れたアプリケーションを開発するチームのインセンティブを高めています。また、ネットワークの認知度と利用度を促進するためにアンバサダープログラムも組織しています。

 

2022年、ShidenはAstarのカナリアネットワークとして、クロスチェーントークンスワップ、DAppステーキング、EVMツール、一般的なネットワーク機能、ガバナンス、パフォーマンスなどの分野でエコシステムの開発と拡大に注力する予定です。さらに、このネットワークは、特にAstar & Shiden Builders Grant Programを通じて、画期的なアプリケーションやNFTプロジェクトの開発をインキュベートし、促進することも視野に入れています。

 

Moonstakeは、Aster Network及びShiden Networkの戦略的パートナーであることを誇りに思っています。私たちは、成長・発展し続ける彼らのエコシステムの強力なサポートを維持し続け、2022年に世界中のAsterとSDNユーザーにさらに素晴らしい価値をもたらし、彼らのエコシステムの利用を共に加速させることを望んでいます。

 

Moonstakeについて

 

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

 

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoの構成銘柄であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5000万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど28社の大手プラットフォームプロバイダーと提携しています。2021年5月、Moonstakeはシンガポール証券取引所に上場しているOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めています。

 

Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。

 

Moonstakeのステーキングビジネスについて 

 

2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対し、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデーションノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、16のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、グローバルなユーザー基盤を持ち、同年6月には全世界の1万以上のプロバイダーの中で3位にランクインしています。

 

https://www.moonstake.io/ 

 

Shidenについて

Kusama Network上でマルチチェーンスマートコントラクトプラットフォームを構築します。

Shiden Networkは、Kusama Network上のマルチチェーン分散型アプリケーションレイヤーです。Kusama Relaychainは、デザイン上、スマートコントラクト機能をサポートしていません。Kusama Networkには、スマートコントラクトのレイヤーが必要となり、Shiden Networkがその役割を担います。Shidenは、Asterと同様に、EVM、WASM、Layer2ソリューションをサポートしています。このプラットフォームは、DeFi、NFTなど様々なアプリケーションをサポート可能です。

 

https://shiden.astar.network/ 

 

Astarについて

 

Astar Networkは、PolkadotのWASM + EVMのスマートコントラクトハブとしてNo.1のブロックチェーンです。2022年1月のパラチェーンオークション以来、Astar NetworkはTotal Value Lockedと最も多くのイーサリアムを移管した点でPolkadotエコシステムのトップパラチェーンになっています。Astar Networkは、PolkadotエコシステムとEthereum、Cosmos、およびすべての主要なレイヤー1ブロックチェーンを接続する、主要なスマートコントラクトのハブとなっています。Astar Networkは、複数の仮想マシン(WASMおよびEVM)を使用したdAppをサポートし、Web3の開発者が安全でスケーラブルかつ相互運用可能なブロックチェーンの上に構築するための最高の技術ソリューションと金銭的インセンティブをBuild2EarnおよびAstar Incubation Programを通じて提供しています。

 

https://astar.network/ 

2021年は暗号資産市場において飛躍的な1年となりました。世界中でデジタル資産、NFTをはじめとするブロックチェーン技術が使われたマーケットの成長とテクノロジーの導入において大きな変革をもたらしました。私たちMoonstakeも怒涛の1年を過ごしました。世界中のユーザーとパートナーのサポートのおかげで、Moonstakeは世界のステーキングプロバイダーのトップランキングにノミネートされ、ステーキング資産の総額は18億ドルに達しました。2022年を迎え、Moonstakeとパートナーは、Moonstakeのプラットフォームのスケールアップと進化に伴い、多くのエキサイティングなニュースやプログラムをお届けしていきます。年始に際し、2022年のパートナーの最新情報や期待されるアップデートを、戦略的パートナーと共同で連載していきます。今回はQURASについてご紹介します。

 

Moonstakeは2020年4月からQURASとの戦略的パートナーシップを締結し、XQCのステーキングをサポート開始しました。それ以来、MoonstakeはQURASのエコシステムの認知度を高めると同時に、グローバルユーザーへのXQCステーキングへの参加を促進するキャンペーンを数多く開催してきました。

 

翌年2021年は、XQCが独自のQURAS MainNetに完全移行し、EthereumのERC20プロトコルから独立した年となりました。QURAS開発チームは、プライバシー、セキュリティ、利便性、パフォーマンスに重点を置き、ウェブ拡張機能をリリースしたほか、ブロックチェーンプロトコルとウォレットに多数のアップデートを行い、特に、ユーザーがQURASチェーン上で他の人と完全匿名取引を行うことができる匿名/ステルス取引機能のユーザー体験を向上させました。

 

2022年、QURASは、より速く、より便利で、より安全な取引を可能にするために、ウェブとモバイルウォレットのアップグレードに重点を置き、サービスのユーザーエクスペリエンスの向上に取り組んでいます。QURASは、ユーザーエクスペリエンスをブロックチェーンと暗号資産の世界への大きな参入障壁の1つとして認識しており、グローバルユーザーに最適なエクスペリエンスを提供することに全力を注いでいます。

 

Moonstakeは、QURASの戦略的パートナーであることを誇りに思います。私たちは、成長し続けるQURASのエコシステムをサポートし続け、2022年に世界中のXQCと暗号資産ユーザーにさらに大きな価値をもたらせるように、QURASエコシステムの採用を共に加速させたいと願っています。

 

Moonstakeについて

 

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

 

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoの構成銘柄であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5000万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど28社の大手プラットフォームプロバイダーと提携しています。2021年5月、Moonstakeはシンガポール証券取引所に上場しているOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めています。

Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。

 

Moonstakeのステーキングビジネスについて 

 

2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対し、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデーションノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、16のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、グローバルなユーザー基盤を持ち、同年6月には全世界の1万以上のプロバイダーの中で3位にランクインしています。

 

https://www.moonstake.io/ 

 

QURASについて

QURASは、世界初のシークレットコントラクトプラットフォームです。独自のブロックチェーン上に構築されたQURASコインは、絶対的なプライバシー保護を提供し、IoTからビッグデータまで数多くの利益をもたらします。また、機器や人の位置を正確に特定できるDaapsや、毎日一定の歩数を歩くと報酬がもらえるウォーキングアプリなど、健康的な生活を支援するための開発も行っています。

 

https://quras.io/ 

2021年は暗号資産市場において飛躍的な1年となりました。世界中でデジタル資産、NFTをはじめとするブロックチェーン技術が使われたマーケットの成長とテクノロジーの導入において大きな変革をもたらしました。私たちMoonstakeも怒涛の1年を過ごしました。世界中のユーザーとパートナーのサポートのおかげで、Moonstakeは世界のステーキングプロバイダーのトップランキングにノミネートされ、ステーキング資産の総額は18億ドルに達しました。2022年を迎え、Moonstakeとパートナーは、Moonstakeのプラットフォームのスケールアップと進化に伴い、多くのエキサイティングなニュースやプログラムをお届けしていきます。年始に際し、2022年のパートナーの最新情報や期待されるアップデートを、戦略的パートナーと共同で連載していきます。今回はHarmony (ONE)についてご紹介します。

 

2020年8月以来、MoonstakeはHarmonyブロックチェーンを支える開発チームとの戦略的パートナーシップにより、ステーキングバリデータとデリゲータの両方としてONEステーキングをサポートしてきました。それ以来、Moonstakeは、Harmonyエコシステムの認知度を高めると同時に、グローバルユーザーへのONE ステーキングの利用を促進するキャンペーンを数多く開催してきました。Moonstakeのパートナーであり、東京で日本最大のブロックチェーンビジネスハブを運営するBinarystarもこのパートナーシップに参加し、イベントの開催や日本でのHarmonyのコミュニティ開発の統括など、これらのマーケティング活動をサポートしています。

 

2021年は、Harmonyブロックチェーンにとって、相互運用性や分散化に強くフォーカスし、驚異的な成長を遂げた1年でした。Harmonyチームは、開発者向けのワークショップ、ハッカソン、助成金を通じて、100万ユーザーまで増加させていくことに成功しました。Harmony独自のブロックチェーンエクスプローラーとクロスチェーンNFTブリッジは、それぞれ6月と11月にローンチされました。ネットワークは、227のDApps、クロスチェーンブリッジにロックされた4億以上のアセット、NFTの売上が107万ドルの7,483人のアーティストなど、様々な腫瘍エコシステムが掲げる成長指標を達成し、功績を残しています。Harmonyはまた、ポルトガル語、スペイン語、ロシア語、韓国語、フランス語、ドイツ語、インドネシア語、中国語圏のコミュニティを含む多数の地域DAOを開設しています。

 

2022年、Harmonyは、すべてのブロックチェーンユーザーへのアクセス性を高め、開発者向けの助成金プログラムを通じてHarmonyを構築するインセンティブを与えることで、ネットワークのユーザー増加を図る予定です。また、このブロックチェーンは、ゲーム、ソーシャル&ワークアプリケーション、ユースケースの成長の加速に焦点を当てたPlayer ONEイニシアチブを通じて、NFTとメタバースという需要の高い市場にも注力しています。彼らの野心的な目標は、2026年までにハーモニーを何十億ものユーザーのために構築する統一的なWeb3プラットフォームとすることです。

 

Moonstakeは、Harmonyの戦略的パートナーであることを誇りに思っています。私たちは、成長・発展し続けるHarmonyエコシステムの強力なサポートを維持し続け、2022年に世界中のONEと暗号資産ユーザーにさらに素晴らしい価値をもたらし、HarmonyとMoonstakeエコシステムの利用を共に加速させることを望んでいます。

 

Moonstakeについて

 

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

 

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoの構成銘柄であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5000万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど28社の大手プラットフォームプロバイダーと提携しています。2021年5月、Moonstakeはシンガポール証券取引所に上場しているOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めています。Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。

 

Moonstakeのステーキングビジネスについて 

 

2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対し、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデーションノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、16のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、グローバルなユーザー基盤を持ち、同年6月には全世界の1万以上のプロバイダーの中で3位にランクインしています。

 

https://www.moonstake.io/ 

 

Harmonyについて

 

Harmonyは、ステート・シャーディングとピアツーピア・ネットワーキングにおける主要な革新技術を備えた、高速で安全なブロックチェーンです。シャーディングでは安全なプルーフ・オブ・ステークと分散型ランダムネスを使用し、ネットワーキングでは最適なクロスシャードルーティングと高速なブロック伝搬を実現しています。

 

Harmonyは、企業が腐敗しやすいトークン(エネルギークレジットやロイヤルティポイントなど)や腐敗しにくい資産(ゲームのコレクションや不動産など)のマーケットプレイスを構築するのを支援します。

 

Harmonyは、消費者のプライバシーを守りながらデータを共有するために、ゼロ知識証明を適用しています。一般的な業界のユースケースとしては、広告取引所、信用格付け、その他多くのデータコンソーシアムが挙げられますが、これらは競合する企業間で形成されるため、通常であれば何年もかかると思われます。

 

Harmonyは最近Binanceで発売され、Day ONEメインネットに出荷されました。

 

https://www.harmony.one/ 

Moonstake(ムーンステーク)は、本日、GameFiに本格的に参入することを目的としてMoonstake Gaming Guild(MSGG)を設立することを発表します。

 

GameFiは、GameとFinanceを組みあわせた造語で、2021年より東南アジアを中心に流行した「Axie Infinity」というGameFiプロジェクトを筆頭に、急速に成長してきました。GameFiの市場は、2022年3月現在40億ドルですが、年内に680億ドル※を上回ると期待されており、暗号資産業界のみならず幅広く注目を集めています。

 

GameFi領域におけるゲームでは、ゲームをプレイすることでマネタイズが可能となります。具体的には、ブロックチェーン技術により裏付けされたゲーム内の通貨やトークン、キャラクターやアイテム等を、暗号資産取引所やマーケットプレイスで売買することができます。

 

上述の通り、GameFiは新たなビジネスを創出しています。Moonstakeは、ゲーミングギルドを設立し運営することで、新たな雇用創出に貢献していきます。Moonstakeが、ゲームのノウハウの提供、強いキャラクターや武器の貸出をすることで、ゲームを通じて収益を得られる仕組みを提供します。Moonstakeの進める世界とのつながりにより、新たな雇用創出から、SDGsの目標の1つである「貧困をなくそう」という大きな課題に対応していきたいと思います。

 

 

 

*ゲーミングギルドとは

ゲーミングギルドとは、投資家と実務者をマッチングするためのコミュニティとなります。投資家はNFTを購入し、購入したNFTを実務者であるゲームプレーヤーに貸し付けます。プレーヤーはそのNFTを使用し、プレーすることで得た収益を投資家と実務者がシェアする仕組みとなります。ギルド運営者は、投資家に対し、ゲームプレイヤーをマッチングさせ、ゲームプレイヤーに対し必要なNFTアセットやツール、ノウハウを提供することでゲーム内で得た収益の一部が分配されます。

 

ギルドが注目される理由

現在、投資家として暗号資産を保有するトークンホルダーは、プレイヤーがゲームに使用するNFTを購入するための資産をギルドに提供します。ギルドは、そのNFTを用いてプレイヤーがゲームに参加できるようにします。プレイヤーは、暗号資産に触れたことがない人も多く、現在、フィリピンをはじめとして東南アジアでユーザー数が拡大しており、収入が発生しています。GameFiを通じた新たな収益モデルができることで、すでに雇用が創出され、プレイヤーの経済力の構築につながっています。

 

MSGGでは、現在シンガポール法人としてGameFiプラットフォーム事業を手がけるDEAが展開している、Play to Earnゲーム「JobTribes」のスカラーシップ制度を利用し、ゲームユーザーを募っています。

 

今後、Moonstakeは、「JobTribes」を足掛かりに、様々なGameFi関連ゲームに参入していく予定となり、東南アジアを中心に新たな雇用を創出する事業として取り組んで行きます。

 

Moonstakeは、アジアで最大のステーキングネットワークを作ることを目的として、2000以上の暗号通貨に対応した最もユーザーフレンドリーなウェブウォレットとモバイルウォレット(iOS / Android)を開発し、2020年8月より、ステーキング事業を本格的に開始しました。その後の実績としてMoonstakeのステーキング資産総額は10億ドルに達するまでに急成長し、Moonstakeは世界トップ10ステーキングプロバイダーの1つになることができました。昨年3月より、Moonstakeは新たに立ち上げたDeFiプラットフォームであるMuse.Financeと共にDeFiにも参入し、Muse.FinanceはMoonstakeプラットフォームに統合する予定のコアDeFi製品をリリースし、世界中のユーザーに対して高度なDeFi接続を可能にする予定です。

 

 

Moonstakeの創業者である手塚満氏は、次のように述べています。

 

“今回Moonstakeとして、また新たな領域に挑戦できることを大変喜ばしく思います。世界にはまだ多くの人々が仕事を求めている中で、雇用を生み出すGameFiは、元来私のチャレンジしたい事柄の1つでした。この度、素晴らしいご縁もいただいてJobTribesにてギルドを行うこととなりましたが、これを機に様々なGameFiの可能性を見出せればと考えています。”

 

 

Moonstakeについて

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

 

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoの構成要素であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5000万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど27社の大手プラットフォームプロバイダーとパートナーシップを組んでいます。2021年5月、Moonstakeはシンガポール証券取引所に上場しているOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めています。

 Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。

 

https://www.moonstake.io/    

 Moonstakeのステーキングビジネスについて

2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対し、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデーションノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、16のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、全世界のユーザー基盤を有し、同年6月には全世界の1万以上のプロバイダーの中で3位にランクインしています。

 

引用先※

https://www.fxstreet.com/cryptocurrencies/news/wheres-the-crypto-market-heading-as-we-near-2022-top-most-promising-gamefi-tokens-202112271304

 

Moonstakeは、Astar & Shiden Builders Programからの助成金を獲得したことを発表します。Astar & Shiden Builders Programとは、AstarおよびShidenネットワークに参加するDAppビルダーを支援し、両プラットフォームの成長を加速させることを目的とした助成金制度です。

このプログラムでは、開発者がクラウドファンディングのようにバリデーターを設定できるSDNユーザー向けのメカニズムプールを開発するための調査を目的として、開発者がShidenにdAppステーキングコントラクトを展開することを推奨しています。さらに、ShidenユーザーはSDNを一定期間ロックすることで、一定期間が満了するとSDNを報酬として受け取ることができます。

 

また、Astar & Shiden Builders Programは、2つのSubstrateベースとしたネットワークの経験と技術を活用し、AstarとShidenのネットワークに参加し成長が見込まれるDAppビルダーを指導し、最終的にはDAppサービスをスケールさせることも目的としています。助成金の提案は、プロジェクトの技術的な設計や、チームとそのコミュニティの全体的な品質、その他で評価されます。Moonstakeは、SDNステーキング及びShiden DAppステーキングをネイティブにサポートする世界有数のステーキングプロバイダーとして、Astar & Shidenのビルダープログラムに参加できることを大変嬉しく思います。

 

Moonstakeは、2020年にアジア最大のステーキングネットワークを作ることを目的にステーキング事業を開始しました。それ以来、2000以上の暗号通貨をサポートする、最もユーザーフレンドリーなウェブウォレットとモバイルウォレット(iOS / Android)を開発してきました。2020年8月に本格的な運用を開始した後、Moonstakeのステーキング資産総額は15億ドルに達するまで急速に成長し、Moonstakeは世界のトップ10ステーキングプロバイダーの1つになることができました。現在、Moonstakeは16の需要の高いステーキングコイン、2つのNFT標準ERC-721、ERC1155とCardanoをサポートしています。2021年よりMoonstakeはMuse Financeと協力しDeFi市場に参入しており、同年2月からAstar Networkと戦略的パートナーとして、Polkadotエコシステムの拡大と、DeFiにおけるさらなる共同開発機会を探っています。Moonstakeはこれまでエンドユーザー及び企業の皆様に信頼いただける様、さまざまな努力と成果をあげてきました。今回Astar & Shiden Builders Programからの助成金を獲得できたことを非常に喜ばしく感じており、より一層皆様に満足していただけるサービスを提供できる様に尽力していく所存です。

 

Moonstakeの創業者である手塚 満氏によるコメント

 

“この度、Astar & Shiden Builders Programの助成を受けることができ、大変嬉しく思います。世界をリードするステーキングプロバイダーとして、またShiden Networkの世界初のバリデーターグループの一員として、AstarとShidenチームの助成と支援により、Shiden Networkのユーザーだけでなく、我々のエコシステムのユーザーに更なる価値提供ができることを期待しています。”

 

Moonstakeについて

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoの構成組織であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Networkの開発元Stake Technologies、5,000万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど28社の大手プラットフォームプロバイダーと提携しています。2021年5月、Moonstakeはシンガポール証券取引所に上場しているOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めています。

Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。 

https://www.moonstake.io/ 

 

Moonstakeのステーキングビジネスについて

2021年9月時点で6,300億円の市場に成長したステーキング業界に対し、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデーションノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、16のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。2020年8月よりステーキング事業を本格化し、世界中のユーザーから支持を集め、総ステーキング資産は18億ドル(約2000億円)に上ります。2021年6月に、世界1万5000のステーキング・プロバイダーで3位にランクインを果たしました。

 

AsterNetworkについて

Astar NetworkはPolkadot上のdAppsハブで、EthereumとZK Rollupsのようなレイヤー2のソリューションをサポートしています。Aster Networkは、複数のブロックチェーンとEthereum Virtual Machine(EVM)やWebAssembly(WASM)のような仮想マシンをサポートするマルチチェーンスマートコントラクトプラットフォームを目指します。

 

https://astar.network/

 

Shidenについて

Kusama Network上でマルチチェーンスマートコントラクトプラットフォームを構築します。

Shiden Networkは、Kusama Network上のマルチチェーン分散型アプリケーションレイヤーです。Kusama Relaychainは、デザイン上、スマートコントラクト機能をサポートしていません。Kusama Networkには、スマートコントラクトのレイヤーが必要となり、Shiden Networkがその役割を担います。Shidenは、Asterと同様に、EVM、WASM、Layer2ソリューションをサポートしています。このプラットフォームは、DeFi、NFTなど様々なアプリケーションをサポート可能です。

 

https://shiden.astar.network/