今回は、Moonstakeのステーキングコインの一つを探る101回目の記事へようこそ。今回は、FIOプロトコルとそのネイティブコインFIOを取り上げます。

 

FIOとFIOプロトコルの簡単な紹介

 

FIO(Foundation for Interwallet Operability)は2020年に設立され、あらゆる種類のトークンやコインについて、より簡単で安全な暗号資産取引を可能にすることを目的としています。FIOプロトコルは、暗号資産のユーザー体験が複雑化しないように設計されており、暗号資産ユーザーの獲得に必要な特徴となっております。既存で利用される長い複雑なアドレスは、「[email protected]」のようなユーザーがカスタマイズしたFIO Crypto Handlesに置き換えることが可能となります。、これにより、分散型の送受信および支払い要求(請求書、注文カートなど)、クロスチェーンのエンドツーエンド暗号化メタデータ(これらの請求書、注文カートなどの情報)がより直感的に行えるようになります。

 

FIOプロトコルは、Delegated Proof-of-Stake (DPoS)を利用してネットワークのコンセンサスを得ることができます。ブロックプロデューサー(BP)は、FIOトークンを保有するユーザーによって、オンチェーン投票によって選ばれます。BPは誰でも登録することができ、十分な投票数を獲得すればブロックを生成することが可能となります。

 

FIOの技術的マイルストーンとMoonstakeがFIOをサポートする理由とは?

 

2019年11月、FIOはテストネットを立ち上げ、ウォレット、取引所、支払いプロセッサーに、メインネットの立ち上げに先立ってFIOプロトコルを完全に統合する機会を提供します。

2020年3月、FIOプロトコルのメインネットが開始され、21以上のブロックプロデューサーのコミュニティによって活性化されました。

2020年7月、FIOは、電子商取引技術プラグインの概念実証として機能するオンラインストアを開始しました。

 

  • 2021年1月までに、FIOは全世界で10万を超えるアドレスの登録を達成しました。
  • 2021年10月、FIOは、ウォレット、取引所、暗号アプリケーション間でのFIOプロトコル統合を加速させるため、500万ドルのインテグレーター助成金プログラムを開始しました。
  • 2021年11月、FIOはUnique.oneのNFTマーケットプレイスとの統合によりFIO NFT Signaturesを導入し、あらゆるブロックチェーンで作成されたNFTを保護するようになりました。
  • 2022年1月、FIOはFIOコインのステーキング機能を正式に開始し、同時にFIOのアクティベーション日を2022年2月22日に設定し、アーリーアダプターが早期アクセスレートで収入を得ることができるようにしました。

 

これらの重要なマイルストーンに基づき、FIOは非常に有望なコインであり、さらにFIOプロトコルは素晴らしいコミュニティと価値ある製品のエコシステムが繁栄している革新的なブロックチェーンプロジェクトであることがわかります。このため、FIOはMoonstakeで利用できるPoSコインのラインナップに魅力的かつ戦略的に追加され、Moonstakeは公式パートナーシップを通じて2022年2月からFIOのステーキングをサポートしています。

 

FIOのステーキングとアンステーキングはどのように行われるのですか?

他のPoSコインと同様に、使われていないFIO資産をステーキングして報酬を得ることができます。FIOプロトコルでのステーキングは、ネットワークのバリデーターを選ぶノミネーターになることで、ネットワークの運用(ブロックの検証)に参加する仕組みとなります。

 

FIOトークンはステーキングされている間、自身のウォレットに残ったまま、ステーキング報酬を得ることができます。FIOトークンのステーキングユーザーは常にプラスのリターンを得ることができます。つまり、ステーキングを解除すると、ステーキングした数よりも多くのFIOトークンが戻ってくるということです。一方、トークン保有者が現在ステーキングされるアセットを送りたい場合は、まずアンステークする必要がありアンステークされたトークンはロックされ、7日間使用できなくなります。

 

FIOのステーキングでリワードを得る方法

報酬はFIOトークンで付与され、ユーザーは報酬を請求する必要があります。

 

Moonstake WalletでFIOをステーキングする方法

Moonstake WalletでFIOをステーキングするための簡単な3ステップを紹介します。

 

  1. ウェブまたはモバイル(iOS / Android)でMoonstakeウォレットを登録する。
  2. 「ウォレット」画面からFIOを選択し、「アセット追加」ボタンをクリックします。
  3.  FIOの画面にアクセスし、ステーキング情報を確認します。ステーキングタブから「ステーキング」ボタンをクリックし、ステーキングする金額を入力し、ウォレットパスワードを入力し完了です。

 

MoonstakeでFIOを使用する方法についての完全ガイドを確認するか、FIOのステーキング方法についての公式ガイドビデオを参照してください: https://www.youtube.com/watch?v=3-4jSMs1LNs 

 

参考文献 

https://research.binance.com/en/projects/fio-protocol 

https://medium.com/fio-blog/fio-staking-prepared-for-launch-january-2022-fb288b72b 

https://fioprotocol.medium.com/100-000-new-address-registrations-4eb8aa398403 

https://medium.com/fio-blog/unique-one-integrates-fio-nft-signatures-to-help-artists-prevent-forgery-protect-permanence-58360f33b6e8 

https://medium.com/fio-blog/foundation-for-interwallet-operability-fio-launches-5m-integrator-grant-program-b933c09a75dc 

 

Moonstakeについて

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoの構成要素であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5000万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど27社の大手プラットフォームプロバイダーとパートナーシップを組んでいます。2021年5月、Moonstakeはシンガポール証券取引所に上場しているOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めています。

Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。

https://www.moonstake.io/

   

Moonstakeのステーキングビジネスについて

2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対し、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデーションノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、12のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、全世界のユーザー基盤を有し、同年6月には全世界の1万以上のプロバイダーの中から3位にランクインしています。

 

FIOプロトコルについて

Foundation for Interwallet Operability (FIO) は業界コンソーシアムで、主要なウォレット、取引所、暗号決済プロセッサー、その他様々な団体やコミュニティメンバーで構成され、FIOプロトコルを通じてブロックチェーンのユーザビリティを追求することに専念しています。

FIOのビジョンは、コミュニティとブロックチェーンエコシステムに導かれた分散型自律コンソーシアム(DAC)として運営されることです。私たちは、FIOプロトコルの定義に協力し、ブロックチェーンのユーザビリティを向上させるためのフィードバックを提供するために、すべての人が参加することを推奨します。当財団は、「オープンと透明性」、「コミュニティの多様性」、「公平性」を重視しています。

https://fioprotocol.io/