本日、Moonstake(ムーンステーク)は、TRON(トロン)と戦略的パートナーシップを締結しました。TRONは、ブロックチェーンベースのオペレーティングシステム「TRONプロトコル」を開発する、世界最大級のブロックチェーンプロジェクトです。

 

今回の提携により、MoonstakeはTRONのネイティブトークンであるTRXコインのウォレットへのステーキング対応に向けて協力を進めます。両者のエコシステム拡大に向けて、コミュニティベースのマーケティング協力も積極的に実施していく予定です。合わせて、TRONのDeFi領域での拡大を受け、DeFi(分散型金融)分野における更なる展開も模索していきます。今年3月、Moonstakeは、新たに立ち上げたDeFiプラットフォームであるMuse.FinanceとともにDeFiに正式に参入しており、Muse.Financeのコアプロダクトのリリースが近づいています。現在、Muse.Financeでは、アーリーアダプター向けのロックドロップを開催しています。ロックドロップの詳細はこちら

 

Moonstakeは、アジア最大のステーキングネットワークを作ることを目指して、2020年にステーキング事業を開始しました。以来、ウェブ版ウォレットとモバイルウォレット(iOS / Android)を通じたステーキングサービスを展開。昨年8月の本格的な運用開始以降、Moonstakeのステーキング資産総額は10億ドルに達し、世界トップ10のステーキングプロバイダーの1つに成長しました。Moonstakeのステーキング対応コインは、Cosmos、IRIS、Ontology、Harmony、Tezos、Cardano、Qtum、Polkadot、Quras、Centrality、Orbs、およびIOSTです。

TRONは、世界中のユーザーや開発者からなる大規模で非常に活発なコミュニティを持ち、真の分散型インターネットとそのインフラの確立に向け、市場をリードするブロックチェーンです。世界最大級のブロックチェーン・オペレーティング・システムであるTRONプロトコルは、エネルギー効率の高いdPoSコンセンサス・メカニズムを採用しており、世界的なハイテク企業であるサムスン、Opera、BitTorrent、Poloniex、Swisscom Blockchainなどの主要なビジネス・パートナーとのコラボレーションを通じて、TRONエコシステム内の分散型アプリケーションに高いスループット、高いスケーラビリティ、および高い可用性を提供しています。現在、4000万以上のユーザーアカウントと20億以上の累積トランザクションを誇る、市場で最も急速に成長しているDeFiエコシステムの1つです。さらに、TRONベースのTRC20プロトコルは、現在約340億USドルの安定したコインを世界で最も多く流通させています。Tronix(TRX)は、ネットワーク上のさまざまな分散型コンテンツやアプリケーションサービスの支払いに使用できます。

 

Moonstakeの創業者である手塚氏は次のように述べています。

“私たちは、非常に活発なユーザーと開発者のグローバル規模のコミュニティを持つ、業界をリードするブロックチェーンであるTRONのパートナーになることを深く光栄に思います。TRONは、市場で最も急速に成長しているエコシステムの1つであり、特にDeFi分野での取引量の増加、DAppsの活発なやりとりや拡大するエコシステムが非常に印象的です。私たちは、TRONネットワークとDeFiサービスのグローバルな普及を加速させるとともに、成長する両エコシステムを共に拡大していきたいと考えています”

 

TRON FoundationのCEOであるJustin Sun氏は次のように述べています。

「TRONのステーキングは強力に成長しており、世界でトップ10に入るステーキングプロバイダーであるMoonstakeと提携し、TRXの導入をさらに加速できることを嬉しく思います。TRONのイニシアチブは「All In on DeFi」でもあり、DeFiの分野でMoonstakeとのより深いコラボレーションの機会を探り、両社のDeFiエコシステムの大きな成長を共に強力に後押しできることを嬉しく思っています。」

TRONとのパートナーシップは、Moonstakeの拡大し続けるパートナーネットワークに、戦略的に重要な要素が加わることになります。私たちは、ユーザーコミュニティやブロックチェーン業界全体に、より良い価値をもたらし、ステーキングやDeFiの分野でより深い協力関係を築いていけることを楽しみにしています。

 

Moonstakeについて

Moonstakeは世界各地域のブロックチェーン市場で高まる需要に答えるステーキングプールプロトコルを開発することを目的に、近年設立されました。Moonstakeはステーキングプールの技術プロトコルを開発し、パートナーや企業にビジネスサービスを提供しています。

 

Moonstakeは暗号資産保有者にアクティブに活動しやすい環境を提供することで、アジア最大のステーキングプールネットワークになることを目指しています。主要なプラットフォーム提供者と良好な関係を構築し、Emurgo、Ontology、NEOといったコアブロックチェーンに加え、日本最大のブロックチェーンハブであるBinarystar、シンガポール上場企業のOIO Holdings Limited(SGX: OIO)があります。また、LiskやRAMP DEFIのLawrence Limといった業界で著名なアドバイザーによって、Moonstakeの革新的な活動は支援されています。

 

2020年8月に開始された本格的なオペレーションにより、事業を拡大し、現在のステーキング資産総額は10億米ドルを超えています。

 

https://www.moonstake.io/

 

TRONについて

 

TRONは、ブロックチェーン技術とdAppのユースケースを通じて、インターネットの分散化を加速させることを目的としています。2017年9月にJustin Sunによって設立されたTRONは、その後、2018年5月のMainNet立ち上げ、2018年6月のネットワーク独立、2018年8月のTRON仮想マシン立ち上げなど、数々のマイルストーンを達成してきました。また、2018年7月には、全世界で約1億人の月間アクティブユーザーを誇る分散型P2PサービスのパイオニアであるBitTorrent社を買収しました。

 

https://tron.network/