Moonstakeは、新たにFIO(Foundation for Interwallet Operabilityの略)のステーキングサポートを開始します。Moonstakeウォレットでは、今回のアップデートで、ウェブ版ウォレットでFIOの送受信、ステーキング機能実装、FIOのステーキングと報酬の受け取り機能を実装しました。これによりCosmos、IRISnet、Ontology、Harmony、Tezos、Cardano、Qtum、Polkadot、Quras、Centrality、Orbs、IOST、TRON、Shidenについで、FIOは、Moonstakeがステーキング対応をする15番目のステーキングコインとなりました。また同時に、Moonstakeは、FIOの公式ブロックプロデューサーのひとつにも名前を連ねています。

 

FIOステーキング・アクティベーションは、2022年2月22日に実装される予定となります。このアクティベーション前にステーキングされたFIOトークンは、早期アクセスレートでのステーキング報酬が適応されます。このパートナーシップを通じて、MoonstakeとFIOチームは、ステーキングアクティベーション前に、FIOトークンのMoonstake Wallet上での早期アクセスを可能にし、ユーザーにより大きな報酬を受け取る機会を提供するよう協力してきました。

 

アクティベーションが達成された後は、より多くのトークンがステーキング報酬プールに割り当てられると、FIOトークンのステーキング報酬は、時間の経過とともに減少していきます。そのため、アクティベーションが達成された後、早期にステーキングを行ったユーザーは、より大きな報酬を獲得することができます。

 

Moonstakeは、アジアで最大のステーキングネットワークを作ることを目的として、昨年からステーキングビジネスを開始しました。2000以上の暗号資産をサポートする、最もユーザーフレンドリーなウェブウォレットとモバイルウォレット(iOS / Android)を開発し、Cosmos、IRISnet、Ontology、Harmony、Tezos、Cardano、Qtum、Polkadot、Quras、Centrality、Orbs、IOST、TRON、Shiden、FIOのステーキングのサポートをしてきました。2020年8月の本格運用後、Moonstakeのステーキング資産総額は18億ドルに達するまで成長し、2021年6月には、世界1万5000のステーキング・プロバイダーの中で、世界ベスト3になりました。今年3月には、DeFiプラットフォームであるMuse.Financeと共にDeFiに参入しており、今後、DeFi事業への拡大も進めていきます。

 

一方、FIOは2020年に設立され、あらゆるタイプのトークンやコインでより簡単で安全に、そしてより楽しい暗号資産取引を可能にすることを目的としています。FIOプロトコルは、暗号資産のユーザー体験が複雑化しないように設計されており、暗号資産の大量導入のための基礎を築くものとなります。例えば、長い複雑なアドレスは「[email protected]」のようなユーザーがカスタマイズしたFIOアドレスに置き換えられる機能や、分散型の送受信と支払い要求(請求書、注文カートなど)、さらに、すべてのブロックチェーンで機能するクロスチェーンのエンドツーエンド暗号化メタデータ(これらの請求書や注文カートの情報など)などが可能となります。

 

Moonstake WalletでFIOをステーキングする方法

 

Moonstake WalletでFIOをステーキングするには、以下の3つのステップで簡単に行えます。

 

①Moonstakeのウェブ版、モバイル(iOS / Android)版ウォレットを登録します。

 

②「ウォレット」画面からFIOを選択し、「アセット追加」ボタンをクリックします。

 

③FIOの画面にアクセスし、ステーキング情報を確認します。ステーキングタブから「ステーキング」ボタンをクリックし、ステーキングする金額とウォレットパスワードを入力し完了です。

 

FIOのステーキングの仕組み

FIOを保有していれば、ステーキング数量の下限などはありません。

ステーキング方式は、FIOトークンのステーキングユーザーが常にプラスの報酬を得る設計となってます。つまり、ステーキング解除の際に、ステーキングした数よりも多くのFIOトークンが戻ってくる仕様となります。

 

FIOのステーキングで報酬を得る方法

報酬はFIOトークンで提供され、ユーザーは報酬を請求する必要があります。2022年2月22日のステーキングのアクティベーション前にトークンのステーキングを解除した場合、リワードを受け取ることができませんのでご注意ください。

 

FIOのステーキング解除の仕組み

トークン所有者が現在ステーキングされているFIOを送信したい場合、まずアンステーク(ステーキング解除)のボタンを押す必要があります。ステーキング解除には、7日間のロック期間があり、その期間はトークンを使用することができません。ロック解除後は、通常通り送金することができます。

Moonstakeは、FIOステーキングを可能にするだけでなく、FIOステーキングがメインネット上で正式に開始される前に機能を統合することにより、世界中のユーザーに大きな価値をもたらすことを誇りに思ってます。

 

 

Moonstakeについて

Moonstakeは、企業や個人向けに分散型ウォレットサービスを開発・運営する世界有数のステーキングサービスプロバイダーです。

Moonstakeは2020年4月のサービス開始以来、Cardanoの構成要素であるEmurgo、Polkadotと連携したブロックチェーンAstar Network Stake Technologiesの開発者、5000万人以上のユーザーを持つTRON Networkなど27社の大手プラットフォームプロバイダーとパートナーシップを組んでいます。2021年5月、Moonstakeはシンガポール証券取引所に上場しているOIO Holdings Limitedの完全子会社となり、企業としての信頼性をさらに高めています。

 Moonstakeは、ブロックチェーン技術を活用し、安全性・信頼性の高いデジタル資産管理ツールを誰もが簡単に利用できる世界を目指しています。

 

https://www.moonstake.io/  

 

 

Moonstakeのステーキングビジネスについて

 

2021年9月時点で6300億円の市場に成長したステーキング業界に対し、Moonstakeはユーザーからの入金を必要としない分散型のステーキングサービスを提供し、自社のバリデーションノードに加え、世界中のノードに対応しています。Moonstakeは現在、12のブロックチェーンのステーキングをサポートしています。ステーキングの総資産は18億米ドルで、全世界のユーザー基盤を有し、同年6月には全世界の1万以上のプロバイダーの中で3位にランクインしています。

 

FIOプロトコルについて

Foundation for Interwallet Operability (FIO) は、業界コンソーシアムとして、主要なウォレット、取引所、暗号決済プロセッサー、その他様々な団体やコミュニティメンバーで構成されており、FIOプロトコルを通じてブロックチェーンのユーザビリティを追求することに専念しています。

FIOのビジョンは、コミュニティとブロックチェーンエコシステムに導かれた分散型自律コンソーシアム(DAC)として運営することです。また、すべての人がブロックチェーンのユーザビリティを向上させるためのフィードバックを提供するなど、FIOプロトコルの定義に協力することが可能となり、これを推奨しています。当財団は、「オープンと透明性」、「コミュニティの多様性」、「公平性」を重視しています。

https://fioprotocol.io/

 

Spread the love