用語集

ステーキング、ステーキングプール
ステーキング、ステーキングプール
複数の暗号資産保有者を集約させることにより、取引(正確にはブロック)の承認作業やブロックチェーンを検証することで報酬が得られる頻度を向上させる組織となります。 これによりステーキングを共に行い、貢献率によりブロックの報酬を分配することを可能とします。 ステーキングプールの構築や管理は決して簡単な作業ではありません。プール提供者は、管理やアップデートなどの業務を行う対価として、通常参加者が得られる報酬の数%を手数料として受け取ります。 なお、ステーキングを解約する際に、プール自体が中央集権型である場合、その手順が複雑化することが多く、最小残高がハードルとなる場合があります。これにより、ビギナーの方は分散ネットワークを利用する傾向にあります。
プルーフオブステーク(PoS)
プルーフオブステーク(PoS)
プルーフオブステーク(POS)概念は保有しているコインの量によってトランザクションブロックの検証を行えます。これは、ビットコインやアルトコインの保有やマイニングしている人に比例するということです。プルーフオブステーク(PoS)は消費電力や計算能力にかかる費用や公平さなどプルーフ・オブ・ワーク(PoW)の抱える課題を解決し新たな選択肢として作られました。 2015年の1BTCの送金に対してアメリカの世帯約1.6個分の電力が必要とされていました。しかし、ステーキングは、エネルギーを利用し取引の検証を行うPoWの仕組みに対して、ステーキングされた量に応じた割合のみで検証できる仕組みとなってます。例として、保有可能なビットコインの5%保有者はブロックの5%のみマイニングできるという理論です。
2029848025
492146899
62929407
2421167742
10792985290
195671919
65364356
0
87475394
64368369
1738439391
10792985290
382512477
17597367279
194898234
2021年1月22日
2021年1月21日
2021年1月20日